同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

きらきら星 様

手書きのマンガ原稿、360ページの印刷をお願いしました

きらきら星について

きらきら星さんは、東京都にお住まいの女性です。子供のころからマンガが大好き。

長編マンガの印刷を依頼

今回、きょうゆう出版でどんな印刷を?

今回、はじめて長編漫画を書きあげて、コミケに出ました。きょうゆう出版には、その印刷をお願いしました。

長編マンガの印刷を依頼

項目 内容 備考
タイトル 「Blood」 アクション漫画
判型、ページ数 B5版 / 360ページ 無線綴じ
表紙:色上質紙特厚口
本文:上質90kg
版下 手書き原稿の持ち込み きょうゆう出版がスキャニング
ストーリー 吸血鬼撲滅協会の若き戦士トラヴァスは、日々吸血鬼と戦っていた。
ある日協会指令で向かった先は、3か月毎に生贄を捧げなければ皆殺しにあうという、吸血鬼に支配された村で、そこでトラヴァスが見たものは、長年彼が捜し続けた仇……自分の両親を殺した吸血鬼の姿だった。

好きな雑誌は「花とゆめ」や「少年ジャンプ」や「プリンセス」。昭和時代毎回買ってました(笑)。作品では「エロイカより愛をこめて」「アリオン」「ルパン三世」みたいなアクション漫画が好きです。
重い心理描写とか、悲しみの世界とか、今風の萌えの世界とかがいまいち描けなくて、どちらかというと単純明快で読んでてスカッとする血沸き肉踊るアクションが描きたかったです。

「何か残さなきゃ」という想いで執筆

マンガは、ずっと描いていたのですか?

いえ、まとまった作品は、これが初めてです。

小さい頃から漫画が大好き。10代、20代のころ、何度か16ページ描こうとしました。でも結局、完結できなかったです。

そして結婚を機に一切描かなくなりました。それから長い間全く漫画から離れていたのですが、ある日突然、体力の衰えや老いの恐怖から「死」を意識する様になり、このまま……ただただ日々過ごして死んでいくのは嫌だ。他の誰かから笑われても認められなくてもいい。自分がこの世界にいた「生」を残したい……そういう思いが日に日に強まりました。

よし、単行本3巻分の長編漫画を描こう、と思い立ち、まずプロットを考えて、1年かけてネーム作り、さらに1年かけて前編のペン入れをしました。平日は仕事のあと1日2時間、土日は朝から晩まで、ひたすら書き続けました。

マンガは、ずっと描いていたのですか?

毎日、すごく楽しかったです。平日はパート勤務で、工場で流れ作業してるんですけど、作業しながら頭の中で、ストーリー展開やエピソードや構図を考えていると楽しくて楽しくて。毎日、早く帰って描きたいと思っていました。

コミケには最初から出すつもりでした。コミケ、初めてだったし、今の絵柄と違うし、ウケないだろうな~、とは思ったけど、それでも出したかったです。

2018年6月29日、ついに「Blood」、360ページが完成しました。最後のコマに「Fin」と書き入れたとき、「3年間描き続けた1つの目標が達成した」と思えました。

マンガは、ずっと描いていたのですか?

手書き原稿360ページのスキャニング

印刷会社はどうやって探したのですか。

とりあえず「同人誌 印刷」で検索しました。お金はパートでコツコツ貯めたへそくりです。そして、見つけたのがきょうゆう出版でした。

コミケは8月12日。手書き原稿360ページで、納期はざっくり一ヶ月。でも、きょうゆうさんは気持ちよく引き受けてくれました。

あとで聞いたところ「原稿は、現場技術者がスキャニング。原稿のセンターに鉛筆でアタリを記し、位置合わせして、ズレていないと確認した上でスキャニング。1人がはりつきで360ページ、ざっと10時間くらいかかった」とのことでした。

わたし、昔のタイプのマンガ描きなので、「紙に下書きしてペン入れして……」っていう以外、できないんです。パソコンで絵を描くとか絶対無理。きょうゆうの技術者の方には感謝です!

そしてコミケ当日。やっぱりまわりは萌え萌えの世界で完全に場違いでしたが、でも1日終えて、やったよなー、もう後ろ髪は引かれない、悔いはないなー、と思いました。

きょうゆう出版への評価

きょうゆうの印刷への感想をお聞かせください。

きょうゆう出版は「手頃なお値段」「充実サービス」「親切対応」。ってなんだか宣伝文句みたいですけど、本当にそう思っています。今回、オフセット印刷ができて嬉しかったな。漫画は単行本も雑誌も、「オフセット印刷」で作ってるでしょう。それがどういう印刷か分かってないんですけど、でも一度、体験したかった。

いま、「Blood」の前日譚にあたる話を描いてます。これは前後編でかなり長編になります。これを形にして残すというのが、次の私の人生の目標です。(これも印刷となるとかなり大変な作業になるとは分かっているのですが……)

いつの日か描き上げて、信頼度の高いきょうゆう出版さんにまたお願いしたいです!

取材日時 2018年12月

取材制作:カスタマワイズ

↑