同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ - 原稿の制作方法

オンデマンド印刷での原稿制作で気をつけたいこと①~印刷ズレによる文字切れなど~

いつもご利用頂き誠にありがとうございます。きょうゆう出版スタッフのあつみです。

オンデマンドセットをご利用いただける方には本を出すのは初めて、という方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は「オンデマンド印刷での原稿制作で気をつけたいこと」のうちの一つ、「印刷ズレ」について
解説とそれによって発生する「文字切れ」などの回避対策を記載させていただきます。

 

■オンデマンド印刷はオフセットに比べ印刷がずれやすい

オンデマンド印刷はオフセット印刷に比べ、表紙・本文ともに印刷位置が安定しないことがしばしば起こります。
これは機械上の問題であり、最近は機械の進化とともにずれは小さくなる傾向にありますがどうしても安定しないのが現状です。
もちろん、ずれがあまりに激しいものは製本前の段階で弾かれていますが、製本可能範囲のものはそのまま進行します。

この際に断ち切り付近に文字があった場合、文字が切れてしまう可能性がございます。

 

■断ち切りの近くには文字をおかない

断ち切りの近くには文字をおかないのが基本です。
しかし、特に手書き文字などはどうしても配置が断ち切りに近くなりがちな場合をしばしば見かけます。
その際に多いパターンはいわゆる「トンボ」がなく、すぐに断ち切り位置を確認できない状態の原稿です。
「トンボ」は現在弊社での入稿の際に必須のものではございませんが、文字切れ確認の際にトンボのないものが
引っかかることが多く差し替えや調整が必要なことも多々あるのが現状です。

断ち切り位置を明確にして確認できるようにするには、あらかじめ使用ソフトの設定でトンボを打っておくか、
テンプレートを使用することをおすすめいたします。
ただし、弊社のテンプレートなどはそうですが切れてはいけない文字を入れてはいけない範囲の目安が
書かれているわけではないため、自分でガイド線を引っ張ると確実に位置の確認をすることができます。

★ガイド線の引き方(photoshop)※弊社テンプレート使用時を想定

1、「表示」内の「定規」を選択(表示されていない場合)
2、表示されている定規メモリの上から右クリックしたまま下や右にドラッグ
3、まずは「断ち切り位置」にガイド線を置く(クリックを離すとガイド線が固定される)
4、「断ち切り位置」の数値+3mmの位置にそれぞれガイド線を引く(数値はガイド線をドラッグしているときに表示されます)

また、断ち切りにかかる形のふきだし内の文字はギリギリになりやすいため、ふきだしを大きく作っておくと、
切れない位置まで移動がしやすくなりますので、原稿制作の際に頭の片隅に置いていただけますと幸いです。

悪い例

良い例

 

■背表紙はずれが目立ちやすい

小説本などページ数が多い場合は背にタイトルを入れる方も多いかと存じます。
その際、背幅いっぱいまで文字が書かれているとずれが生じた際に表紙や裏表紙にはみ出してしまい
見栄えがあまり良くありません。
背表紙の部分は本を収納した場合に目に入りやすいところの為、なるべく整えたいですよね。
左右にある程度余裕を持たせたフォントサイズにしておくと、ずれた場合でもはみ出しはしなくなります。

 

最後に、弊社の使用している機械は比較的ずれの少ない状態で出力可能なものを使用させていただいています。
ただ、絶対にずれないという保障は仕様上どうしても難しいため、特に制作に不慣れなうちは
文字の配置は余裕を持った状態で仕上げることをおすすめいたします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

表紙5色目印刷の極意 三箇条をお伝えします

いつもご利用頂き誠にありがとうございます。
きょうゆう出版スタッフきじまです。

きょうゆう出版の人気オプションでもある『 表紙5色刷り 』
本日はその原稿作成方法について極意(コツ)をご紹介して参りたいと思います!!

そもそも表紙5色目とは…

通常のフルカラーは4色(CMYK=Cシアン/Mマゼンタ/Yイエロー/Kクロ)で印刷を行いますが、
その4色に追加して【 特色1色 】を印刷することです!
フルカラー印刷はCMYKの4色を掛け合わせて表現していますが、特色は最初から色が決まっているので、フルカラー印刷では出すことが難しい色などを間違いなく印刷することが出来ます。

↑こちらは5色目蛍光印刷(フルカラー+蛍光インク)で「TOKA FLASH VIVA DX 610(サターンイエロー)」という蛍光インクでご発注いただいた表紙です。
CMYKで蛍光は出せないので、スペシャルな時や目立たせたい時にはピッタリです!

やってみたい!けど原稿の作り方がさっぱりわからない…そんな作家様へ

【 表紙5色目印刷の極意 三箇条 】をお伝えいたします!!!

綺麗な表紙5色印刷原稿をつくって、豪華な表紙を演出しましょう!




色刷りをする場合、特色用の原稿はフルカラー原稿とは別にして、“黒ベタ(K100%)”で作りましょう。

ご自身の入れたい色、↑の場合はグリーンでそのまま入稿した場合、印刷会社によっては原稿不備になることもあるので、推奨できません。(弊社でも修正をお願いしておりますm(__)m)

きょうゆう出版では表紙原稿・特色原稿でレイヤー分けをした状態でも、ファイルが別の状態でもご入稿可能です。
印刷所によっては原稿の状態に指定があるので、必ずチェックしましょう!!

フルカラー印刷で表現したい部分は、特色用データの【白抜き】を必ずしましょう!
特色インクは半透明の為、フルカラー部分に被っていると色同士が干渉して印刷所の中の人も想像が出来ないような仕上がりに…
意図的に重ねるデザインを頂く場合もあるので、チャレンジはもちろんOKですが、仕上がりに関してのお約束は難しいのでご了承頂いた上での発注となります…!


特色はフルカラー印刷と別に印刷する為、フルカラー部分と特色部分に若干の“ズレ”が発生する可能性がございます。
印刷機で、ある程度の印刷位置の調節は可能ですが、微細なズレは避けることが難しいです。
その為、ズレてしまっても表紙用紙の地色が見えないようにフルカラー原稿と特色原稿の【色被せ】をする必要があります。

ズレは微細ですが仕上がった時になかなかに目立ちます…
この作業はなくても不備にはなりませんが、行うことをおすすめいたします!


以上が3点しっかり抑えて、是非表紙5色目にチャレンジしてみてください!

きょうゆう出版では表紙5色目として下記2種類のオプションをご用意しております。
5色目蛍光印刷(フルカラー+蛍光インク)
表紙 5色印刷(フルカラー+特色)

きょうゆう出版では原稿作成に関する疑問にもお答えしておりますので、
もし分からないことがあればお問い合わせからご質問ください。

皆さまのご利用を心よりお待ちしております!

データ再入稿時の注意事項

こんにちは。 いつもご利用いただきありがとうございます。

きょうゆう出版スタッフ山本です。

同人誌印刷では原則完全原稿でのご入稿をお願いしておりますが、 そうはいっても人間が作るものですから、何かしらのミスや不備は起こりうるものです。

 

・一部のキャラクター名が間違ってる

・奥付に乗せる日付や印刷所名を間違えた

・『ハンドルを右に』が『インド人を右に』になってる などなど。

 

どうしても差し替えをしなくてはならない場合や、社内でのチェック時に不備に気づき、 納期的に間に合う場合はこちらからお客様へご連絡を差し上げ、再入稿をお願いすることもございます。

 

原稿原稿で体力も気力も限界を迎えようやく脱稿……したのにこのタイミングでの印刷所からの連絡ですから、 まぁパニックに陥る気持ちも分からないこともありませんが、せっかくの作品ですので正しいデータの再入稿をいただければと思います。

 

またその際には、修正を行ったページのみお送りいただければ問題ございません。

というのは全ページお送りいただきますと、こちらではどこを差し替えればよいか分からないため、再度の確認または全てのページの差し替えが必要になってしまいます。

そうなりますと納期的に差し替えの対応が難しくなってまいりますので、あくまでも「差し替えのページのみ」でお願いします。

また小説本などで本文がPDFの1つのファイルとなっている場合は、「○○ページと△△ページの××→■■に修正」のようにご説明ください。

お手数ではございますが、作家様の意図を汲んだ差し替えが確実に行えますので、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

とはいえ原稿の差替えを推奨する意図はございませんので、やはり最終確認を行った上での完全データでのご入稿がベストかと思います。

本日は以上です。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

冊子を印刷する種類のそれぞれの特徴を紹介してみた

「冊子」とは、本の中でもページ数が少ないものを指しますが、ページ数が多くても、付録などで付いてくるような場合、小冊子と呼ばれたりすることもあったり、定義は曖昧なものです。
逆にいえば、冊子とはそれだけ自由度が高いものだといえます。
今回は、冊子を仕上げるために重要な、印刷の種類をご紹介していきます。

 

□冊子印刷の種類

冊子印刷の種類は、以下のようなものがあります。

・無線とじ冊子
・中とじ冊子
・平とじ冊子
・糸とじ冊子
・あじろとじ冊子

の5種類です。

 

□それぞれの特徴

*無線とじ冊子

無線とじ冊子は、最もポピュラーなとじ方です。
ホットメルトと呼ばれる、製本用に開発された独自の糊を使用し、冊子を作ります。
完成した冊子に背表紙ができるため、背表紙に文字を入れることが可能です。
また、耐久性が高く、ページ数が多くても印刷ができます。
注意点として、このとじ方で製本した場合、本の「ノド」が開けません。
見開きの冊子にする場合は不向きとなります。

*中とじ冊子

中とじは、ホットメルトを使用せず、ホッチキスでとじていく方法となります。
無線とじに比べて、耐久性が低く、ページ数が多いものにも適していません。
しかし、無線とじにはない特徴として、本の「ノド」の部分まで開けるため、パンフレットやカタログに最適なとじ方です。

*平とじ冊子

本の「ノド」から5mmの部分を、側面からホッチキスでとじる方法です。
中とじと違う点は、費用が抑えめになっている点です。
しかし、本の「ノド」いっぱいまで開けません。
そのため、研修会やセミナーの資料に適しています。

*糸とじ冊子

本の背の部分を、糸で縫うことでとじる方法です。
耐久性が高く、しかも本の「ノド」いっぱいに開けます。
しかし、手間がかかるため、コストと納期がかかることが難点です。

*あじろとじ冊子

無線とじを改良したとじ方です。
本の背の部分に切れ目を入れ、そこからホットメルトを浸透させます。
無線とじより、更に耐久性が増しており、本の「ノド」いっぱいに開けます。
難点は、やはり手間がかかるため相応のコストと納期がかかります。

 

□まとめ

冊子を印刷する種類と、それぞれの特徴を紹介しました。
当社では、上記5種類に加えて本の横をとじることで横長の冊子を作る、「横とじ製本」をオプションとして選択できます。
絵本のような同人誌や冊子を作りたい方に適した製本方法ではないでしょうか?
もしも興味を持たれた方がいらっしゃいましたらぜひお気軽にご注文ください。

複数種類のアプリケーションファイルご利用について

 

いつもお世話になります。
担当の菊地です。

本日の記事では異なる種類のアプリケーションファイルのご利用について、
ご説明させて頂きます。

(more...)

デジタル原稿とアナログ原稿の混在入稿は可能です。

お世話になります。
担当の菊地です。

8月のコミックマーケットに向けて、
アンソロジー本や総集編制作を検討されていらっしゃる方も多いと思います。

この時期に良くご質問を受けるのが
「デジタル原稿とアナログ原稿、1冊の作品内で混在しても良いでしょうか」
というご質問です。

結論としまして弊社サービスでは、
「デジタル原稿とアナログ原稿は1冊の作品内で混在しても良いですよ」
とお応えしています。

(more...)

A5サイズ総集編・再録本のご入稿の際によくあるご質問


 

いつもお世話になります。
担当の菊地です.

最近,昨年度ぐらいから、
A5サイズの総集編を制作されるお客様が多くなってきており、
弊社でも取り扱いが増えています。

A5サイズの総集編や再録本はコンパクトですし、
カバーなどを付けると体裁も良い感じになりますので、
お薦めの制作方法と言えます。

そんなA5サイズ総集編・再録本のご入稿の際によくあるご質問に、
「サイズ縮小の際のモアレ発生が気になる」というものがございます。

(more...)

↑