同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

  • ホーム
  • スタッフブログ
  • オンデマンド印刷とデジタル印刷の違いってなに?品質の違いについても解説します!

スタッフブログ

オンデマンド印刷とデジタル印刷の違いってなに?品質の違いについても解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷物をプリントするにも、オンデマンド印刷やオフセット印刷、活版印刷、グラビア印刷など様々な方法があります。
なかでも同じ意味合いを持つ「オンデマンド印刷」と「デジタル印刷」ですが、異なる点をご存知ですか。
今回は、オンデマンド印刷とデジタル印刷の違いについてをご紹介し、また印刷方式によって品質も異なるのかについて解説します。

 

□オンデマンド印刷とデジタル印刷の違いとは?

 

オンデマンド印刷は、小ロットで、かつ短納期で印刷物を生産することに適しています。
ちなみに「オンデマンド」という表現はビジネス用語で使用され、必要な時に必要な量だけという意味合いが込められています。

一方でデジタル印刷は、印刷技術面での総称であり、デジタルデータを紙媒体に直接印刷するため、印刷の版を必要としません。
メリットは、データから直接印刷できるため印刷内容を1枚ずつ変更できることです。

 

□印刷方式によって印刷の品質に違いがあるのか?

 

*印刷物の品質はデジタル印刷の方が優れている

 

印刷物の品質は、オンデマンド印刷よりデジタル印刷の方が良いと言われています。
実際に、デジタル印刷では以下の事例のような要求が想定され、オフセット印刷と同等の品質が求められます。

・写真集の場合、鮮明で自然な感じにしてほしい
・高品質を保ちながら本屋で売られている専門書を100部ぐらい重版してほしい
・製品や製品の一部であるパッケージやシール、カードを特別仕様や数量限定で用意したい

なお、技術の進歩により、デジタル印刷の方がオフセット印刷よりも品質面で凌駕するようになったと言われています。

 

*デジタル印刷とオフセット印刷をどう使い分ければいいのか

 

印刷物の数量が少ないものはデジタル印刷、数量が多いものはオフセット印刷で生産した方が賢明とされています。

ただ、デジタル印刷では、フルカラー4色での再現が基本となるため、鮮やかな色や金色、銀色、決まった色などを出す特色対応を苦手としています。
したがって、特色を出したい場合は、いくら印刷物の数量が少なくてもオフセット印刷でプリントした方が良いでしょう。

 

□まとめ

 

オンデマンド印刷では、必要な時に必要な分だけ印刷物を生産できます。
一方でデジタル印刷では、デジタル印刷を紙媒体に直接印刷するため、版を必要とせず、印刷内容を1枚ずつ変更できます。
品質の面では、オンデマンド印刷よりもデジタル印刷の方が優れており、最近の技術の進歩によりオフセット印刷よりも品質が良いとされています。
なお、印刷物の量が多いときはオフセット印刷、量が少ないときはオンデマンド印刷を使用してみてください。

↑