同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人誌の出版を検討中の方へ!自費出版との違いについて紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人誌の出版を考えていて、自費出版について詳しく知りたい」
このようにお考えの方も少なくないはずです。
そこで今回は、同人誌の自費出版について詳しく紹介します。

■ 自費出版とは?

これは同人誌と自費出版のどちらにも言えることですが、自分の好みに沿ったテーマで作品を書けるという自由度の高さが特徴です。
事業のノウハウ、自伝、創作活動の成果などさまざまなテーマで書かれる方がいます。
また、自費出版と同人誌の大きな違いは作りそのものにあります。
自費出版の場合、編集、印刷、製本などの過程は出版社に依頼します。

言うなれば、プロの手によって作品が出版されるということです。
それなりの費用は発生しますが、かなり本格的なものを作れることが魅力の1つです。
また、自費出版の場合だと、作品に出版コードをつけることも可能です。
これによって、国会の図書館に置くことや、全国の書店に流通させられ、より多くの方の目に止まりやすくなります。

以上のように、より本格的にこだわりたい方は自費出版が適していると言えるでしょう。

■同人誌とはどう違う?

同人誌の特徴は、自費出版とは違い、出版社を通さない点です。
そのため、執筆や編集、印刷などといった作業を全て自分でする必要があります。
全て自分でやるのは少し負担が多いという方は、印刷所に協力してもらう方法もあります。

このように、同人誌の出版には介入がないため、自分の好み通りに作品を仕上げやすくなります。
これによって自由度の高い作品を作れることが魅力の1つです。

しかし、介入が少ないということは、それだけ自分にかかる労力も増えるということです。
また、自費出版は正式に書籍として出版するのに対して、同人誌では内容についても趣味性が高いものがほとんどです。
そのため、無許可で版権のあるキャラクターなどが使われていることも珍しくありません。
黙認されている場合などのさまざまなケースがあります。

印刷や製本、材料の手配なども神経を使うものがほとんどです。
「少ない部数で良い」「費用を抑えたい」といった方には同人誌が適しています。
これらを意識しながらどちらを選択するか決めると良いでしょう。

■まとめ

今回は、同人誌と自費出版の違いについて紹介しました。
出版をお考えの方で、どちらにするか迷われている方は参考にしていただけると幸いです。
本社は、お客様の同人誌出版をサポートします。
是非一度お問い合わせください。

↑