同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人小説の制作をお考えの方へ!作り方について説明します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人小説を作ってみたいけど、作り方が分からない」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
近年、同人小説は人気が増しており、自分でも書いてみたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、同人小説の作り方を紹介します。

■同人小説を作るために準備するものとは?

同人小説ですから、もちろん小説を書くための道具が必要です。
小説といえば、昔は原稿用紙に手書きをしていたかもしれませんが、最近はパソコンで書くのが普通です。
そのため、まずパソコンは必須アイテムです。
データ管理の面から、タブレットやスマホはおすすめできません。

Wordソフトが使えるパソコンを用意しましょう。
次に紹介するのは、メールアドレスです。
小説を書き終えたら、当然それを本にする必要があるため、印刷所に印刷を依頼する必要があります。
ここで注意する必要があることは、印刷所によっては会員登録をする必要がある場所があるということです。

また、それ以外にも印刷所とのやりとりが必要ですし、同人誌の奥付には連絡先を記載するのが基本です。
そのため、メールアドレスは用意しておきましょう。

そして、印刷所に依頼するということは、当然費用が発生しますよね。
その費用を支払うための銀行口座が必要ですので、準備しましょう。
加えて、同人小説を通販サイトなどでも売りたい場合は、その際にもお金を振り込んでもらう口座が必要です。
そのため、振り込んでもらう口座も事前に作っておきましょう。

■同人小説を作るまでの流れについて紹介!

まずは、同人小説を書く前に、イベントに申し込みましょう。
すると、自然と締め切りが設定されるため、制作意欲も下がりにくいです。

そして、申し込んだら話のネタを考えましょう。
話のネタを考えることに関しては、イベント申し込み前でも構いません。
思いついたことで小説を書きたくなったという場合もありますよね。
そのため、ここの順序はみなさんにお任せします。

次にプロットを作りましょう。
長さやシリーズ物か否かなど、完成した小説をイメージしながら作ると良いですよ。

プロットが完成したら、本の仕様を決めてください。
ここではまだ仮決定ですが、プロットが完成した時点である程度決定しておきましょう。

その後、印刷所を決めます。
決めたら注文していただきたいのですが、それまでに本の仕様を決定させる必要があります。
そのため、どうしても決まらないという方は、注文前に小説の本文だけでも書き始めましょう。

印刷所に注文したら、いよいよ執筆です。
執筆と校正が終われば、あとは印刷所に入稿と入金をして終了です。
また、もちろん中身は大切ですが、表紙にもこだわって作ることをおすすめします。
表紙は小説の中で最初に目につくものですから、良い表紙であればあるほど手にとってもらえるでしょう。

■まとめ

今回は、同人小説の作り方を紹介しました。
小説の作成は難しいと思われるかもしれませんが、案外そうでもありません。
みなさんの頭の中にある世界を自分の中だけで終わらせるのは勿体無いでしょう。
小説にして、より多くの人と楽しみを共有しませんか。

↑