同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人グッズの値段設定でお悩みの方へ!値段の付け方と相場について紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人グッズを売りたいけど、値段の付け方が分からない」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
あまり安すぎても、材料費などの元が取れませんし、高すぎても売れにくくなってしまいます。
このようなことがないように、適正な価格で販売したいですよね。
そこで今回は、同人グッズの値段について紹介しましょう。

■同人グッズの値段の付け方をご紹介!

値段をつけるにあたって、まずは、制作費や交通費を考えてください。
利益が、制作費や交通費などグッズを販売する上でかかった費用全てよりも高くなければ、儲けはありません。
そのため、まずは作るのにかかった全ての費用を計算してみましょう。
また、相場から大きく離れすぎないのが基本です。
ただし、相場が全てというわけでもありません。
周りが自分よりも安く売っていれば、自分のものが高く見えてしまうのは当たり前です。
その場合は、安くして量を売ることを考えるなど、臨機応変に対応しましょう。
最近では、イベント会場だけでなく通販もできるため、やり方を事前に調べておいたり、通販用に商品を準備しておいたりしても良いかもしれません。
そして、設定した値段でなかなか売れなければ、値段を下げてみるのも1つの手です。
ただし、頻繁に値下げをしていると、値下げ前に購入した方から反感を買ってしまう場合もあります。
そのため、値段を下げる場合は、販売終了間際や数時間に1回と値下げの回数を多くしないように注意しましょう。

■グッズの相場はどのくらい?

ここでは、グッズの相場を種類ごとにご紹介します。

*ステッカー

ステッカーは「紙もの」と言われる紙に印刷して作るグッズで、低コストで生産できる分、比較的安価に販売されます。
そのため、サイズにもよりますが、ステッカーの相場は100円から200円です。
原価プラス100円未満の利益を乗せた値段設定にすると良いでしょう。

*アクリル製品

アクリル製品には、アクリルキーホルダーやアクリルスタンド、アクリルキーホルダーなどさまざまな種類があります。
これらのアクリル製品は、生産個数によって値段が大きく変わるのが特徴です。
大量に印刷を頼めば、1個あたりの印刷費は安くなりますし、少量を頼めば高くなります。
こちらも原価プラス100円ほどの値段設定が良いでしょう。
両面印刷の場合の相場は400円から500円、片面印刷の場合は300円から500円です。
また、加工によっても値段は変化するため、自分の商品と似たようなものがどれくらいの値段で売られているのかを調べてみても良いかもしれません。

*バッグ

バッグは、ステッカーやアクリル製品よりも高価になり、数を売るのが難しくなりがちです。
そのため、原価プラス300円から500円ほど乗せて売ると良いでしょう。
バッグにも多くの種類があり、サイズや素材によっても異なりますが、相場は約1000円台です。
バッグが小さかったり素材が薄かったりする場合は1000円台前半、大きかったり素材がしっかりしていたりする場合は、1000円台後半にすると良いのではないでしょうか。

■まとめ

今回は、同人グッズの値段について紹介しました。
値段設定は、難しいものです。
安すぎても高すぎてもいけません。
そのため、本記事を参考に適切な価格を設定をしましょう。
皆さんのグッズが多くの方の手に渡るよう祈っています。

↑