同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人誌の自家通販をお考えの方へ!梱包について説明します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分の同人誌を通販で売りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
同人誌と言えば、同人イベントで売るのが主流だったかもしれません。
しかし、最近では同人誌をインターネット上で売る方も増えてきました。
そこで今回は、自家通販とは何か、また通販を行う上で大切な梱包についてご紹介します。

■自家通販とは?

業者を介さずに、同人誌がある自宅や倉庫から直接販売する方法を、「自家通販」と言います。
業者を介さないため、決済から発送まで全て自分で行う必要があります。
しかし、最近では自家通販をサポートしてくれるようなサイトもあるため、昔よりは簡単にできるようになりました。
そのため、少部数だけ売りたい方や、販売するのにあまりコストをかけたくない方におすすめです。
自家通販の最大のメリットは、あまり手数料がかからないところでしょう。
イベントで同人誌を売る際には、会場までの交通費がかかりますし、業者を介す場合は販売手数料がかかってしまいます。
そのため、あまり売れなければ元が取れないかもしれません。
しかし、自家通販であれば、かかる手数料は、売れた分の決済手数料くらいですので売上のほとんどが手元に残ります。
売れなくても手数料を払わなければいけないイベントや委託に対し、自家通販は売れなければ払う必要はありません。
ただし、自家通販は先ほども紹介したように、全て自分で行う必要があります。

■おすすめの梱包材や梱包時の注意点をご紹介!

同人誌の梱包に用意する主なものは、「サイズの合った封筒」、「OPP袋」、「厚紙や硬質カードケース」です。
封筒は、同人誌本体を入れるために必要です。
次に、OPP袋ですが、みなさんはそもそもこの袋がどのようなものかご存知でしょうか。
簡単に言えば、ビニール袋です。
普通のお店でも、書類などの紙製品がきれいなビニール製の袋に入れられ、売られているのをよく目にするのではないでしょうか。
同人誌は紙であるため、水に濡れないように注意を払う必要があります。
しかし、宅配は雨の日でも行われます。
雨の日の宅配となると、商品が多少濡れてしまうことも珍しくありません。
そのため、宅配の際に濡れても大丈夫なように、OPP袋に入れて水から商品を守りましょう。
また、OPP袋は商品の見栄えを良くしてくれる効果もあるため、入れることをおすすめします。
そして、厚紙や硬質カードケースは、商品が折れたり痛んだりしないよう、商品を挟むのに使用してください。
特に、商品が薄手で折れやすいものの場合は、厚紙よりも丈夫な、硬質カードケースを使用した方が、より安全できれいに商品を届けることができるでしょう。

■まとめ

通販を行う上で大切な梱包について紹介しました。
大量の商品を発送するのは大変かもしれませんが、少数であれば自家通販で販売した方がメリットは大きいでしょう。
商品を発送する上で、梱包はとても大切です。
お客さんに満足してもらえるよう、作品だけでなく梱包まで気を配って販売してみてください。

↑