同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人イベントに参加する方必見!設営について紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人イベントに参加したいけど設営方法が分からない」
このようなお悩みを持っている方はいらっしゃいませんか。
お客さんに見てもらえる設営は、初心者では難しいと感じる方も多いでしょう。
そこで今回は、同人イベントの設営を行う際のポイントについて紹介します。

■イベントでの準備について

イベントに出展するには、少し前から準備する必要があります。
おすすめの準備開始時期は約1ヶ月前です。
イベントに出展する作品が制作できたら、業者に搬入の依頼をしましょう。
搬入には直接搬入と宅配搬入があります。
直接搬入とは、印刷会社が直接イベント当日に自分のスペースへ運んでくれるというものです。
一方、宅配搬入とは一度自宅へ作品を届けてもらい、それをまた別の宅配業者に搬入してもらうというものです。
搬入方法に関しては、締切日や予算で決めると良いでしょう。
イベント直前になったらディスプレイ用の道具を揃えてください。
ポスターやお品書き、値札などがあると良いですね。
他にも、販売した際にいただいたお金を整理するための小銭入れやテーブルなどの台に敷くテーブルクロスなどもおすすめですよ。
イベント前日は、細かい持ち物の準備と忘れ物がないかの確認をしましょう。
ダンボールを開けるためのカッターや搬入の際口を閉じるためのガムテープ、ゴミ袋などがあると便利です。

■ディスプレイをする際にあると便利なグッズについて

イベントスペースのディスプレイは、見やすくすっきりと寂しすぎないようにディスプレイするのがポイントです。
そんなディスプレイを実現させるためにおすすめなのがディスプレイ棚です。
本をただ積み上げているだけだと、遠くから情報が得られません。
そのため、表紙を見せてディスプレイできるディスプレイ棚の使用をおすすめします。
もう1つおすすめなのが折りたたみラックです。
100円ショップなどで売っている折りたたみラックは、スペースの後方に置けば在庫やお金を置くスペースができます。
表のディスプレイは視認性を優先するため、そこまで多くの在庫は置けません。
しかし、折りたたみラックを後ろに置くことで、多くの在庫や道具を置けるので便利ですよ。
値札立てもおすすめのグッズです。
値段を立体的に見せるだけでも手に取られる回数は増加します。
見本誌に値段をつけるなどの方法もありますが、そうすると1人が手に取ると他の人は値段が分かりません。
そのため、皆が一目で値段が分かるよう値札立てを使用して表示しましょう。

■まとめ

今回は、同人イベントの設営を行う際のポイントについて紹介しました。
事前に準備をして置けば、設営に関して何も心配することはありません。
また、ディスプレイ次第でお客さんの目も引けるので是非工夫してみてください。
本記事が皆さんの役にたてれば幸いです。

↑