同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人誌や同人グッズは違法?著作権について解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人誌や同人グッズを作りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
最近ではコミケなどを通して、同人誌や同人グッズが広まってきています。
しかし、ここで注意してほしいのが著作権です。

■二次創作と著作権について

皆さんは、著作権について詳しくご存知でしょうか。
名前は聞いたことがあるものの、案外詳しく知らないという方もいらっしゃると思います。
そもそも著作権とは、制作物の利益を守るための権利です。
また、著作者が感情や考えを作品として表現したものを指します。
皆さんの身近なものでいうと、映画や音楽、漫画、アニメなどが挙げられるでしょう。
もし第三者が著作物を使用する場合は、著作者に対して許可を取り、使用料を支払う必要があるのです。
さらに著作権法では著作者が創作した物だけでなく、二次的著作物も著作物に含まれます。
では、二次的著作物とはどのようなものを指しているのでしょうか。
二次的著作物とは、著作者が創作した物を基準として作られたもので、同人もこの中に含まれる場合があります。
著作物を第三者が使用することになるため、著作者に許可を取り使用料を支払う必要があります。
そのため、同人誌や同人グッズを作る場合には許可取りと使用料の支払いが必要です。
これを行わなければ、著作権侵害になってしまうので注意しましょう。

■同人が全て違法であるとは限らない

しかし、全ての同人が違法であるとは言い切れません。
例えば、元となる作品があったとしても、元の作品の著作性が失われるほどストーリーやデザインが変えられていれば、二次創作ではなく全く別の作品として扱われます。
ただし、どれくらい元の作品と変化があれば著作権侵害にならないという基準はありません。
二次創作ではなく、ただ似てしまっただけの可能性もあります。
また、キャラクター自体は著作物では無いという判例もあります。
小説などの具体的な外見を持たないキャラクターなどはその例に当たるでしょう。
そのため、人気小説のキャラクターを使用した続編を勝手にファンが書いたとしてもそれは著作権侵害にはならないのです。
しかし、漫画やアニメの見た目がはっきりとしているキャラクターを使用したら著作権侵害になるのかについて疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。
正確にいうとその考えは当たっています。
法律的には著作権侵害になってしまうため、行ってはいけません。
ただし、多くのケースでは黙認されていることが多いです。
作者的には、自分の作品を盛り上げてくれる良い機会ですし、勝手にファンが描いたキャラクターをネットにあげられても作品の侵害にはなりません。
そのため、同人はあくまでもその漫画やアニメを好きなファン同士の交流であり、二次創作をOKとしている作者もいらっしゃいます。
しかし、中には不快に思われる作者もいらっしゃいますので、注意してください。

■まとめ

今回は、同人に関する著作権について紹介しました。
不安な方は、なるべくオリジナルのキャラクターを用いると良いでしょう。
ただし、ファン同士の大切な交流の場でもありますので、秩序を守って楽しんでください。

↑