同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人誌を作成される方必見!印刷用紙ごとの仕上がりの違いをご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

同人誌の作成を検討中の方はいらっしゃいませんか。
同人誌を作成する際には、印刷用紙にもこだわるのがおすすめです。
そこで今回は、同人誌で印刷用紙にこだわると良い理由と、印刷用紙の種類をご紹介します。
印刷用紙について詳しく知りたい方は、ぜひご覧ください。

■同人誌では印刷用紙にもこだわろう

同人誌を印刷する際には印刷用紙や加工方法を選ぶことになりますが、適当に選ぶことはおすすめできません。
同じフルカラーイラストであっても、印刷用紙の種類によって発色が大きく異なるからです。
特に、モノクロの作品や文字が多い作品を作る場合は、インクがにじみにくい紙を選ぶことがとても重要です。
このように、ご自信が作りたい作品に合った印刷用紙を選ぶようにしましょう。
また、加工方法にもいくつか種類があります。
具体的には、キラキラとした印象を与えるホログラムPP加工や、かわいらしい印象を与える角丸加工などが挙げられます。
これらの加工方法ごとにも適切な紙の種類があるため、しっかりと特徴を把握しておくことをおすすめします。

■印刷用紙の特徴をご紹介

ここでは、代表的な印刷用紙を3つご紹介します。
それぞれに特徴がありますので、1つずつ確認していきましょう。
まず1つ目は、コート紙です。
表面にも裏面にも、かすかに光沢があることが特徴として挙げられます。
色が綺麗に印刷されることが有名であるため、彩度が高いカラー印刷には向いているでしょう。
しかし、筆記性は低いため筆などで直接書き込むのは控えることをおすすめします。
2つ目は、マットコート紙です。
光沢がなく、しっとりとした質感があることが特徴として挙げられます。
インクがにじみにくいため、モノクロの作品にはおすすめでしょう。
また、光沢がないため落ち着いた印象の作品にもおすすめです。
3つ目は、上質紙です。
光沢がなく、光を反射しないことが特徴として挙げられます。
文字を印刷しても読みやすいため、文字が多い作品には向いていると言えるでしょう。
カラー印刷にも向いているため、多くの作品で使いやすい印刷用紙の1つです。
しかし、インクがにじむことがあるため、注意しましょう。

■まとめ

今回は、同人誌で印刷用紙にこだわると良い理由と、印刷用紙の種類をご紹介しました。
印刷用紙の種類によって、仕上がりは大きく異なります。
今回ご紹介した種類ごとの特徴を参考にして、ぜひご自身に合った印刷用紙を選んでみてくださいね。
同人誌の作成でお困りの方は、お気軽に当社までご相談ください。

↑