同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人イベントで小説を販売するなら!コピー本の作り方を紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

同人グッズの中でも、コピー本の作成に興味がある方はいらっしゃいませんか。
コピー本をはじめて作る方には、どう作成してよいか難しいはずです。
そこで、コピー本の作り方を詳しくご紹介します。

■コピー本の綴じ方とは

コピー本とは、コピー機で印刷した原稿を綴じて本にした、自家製の同人誌のことです。
それぞれのコピー本に個人のこだわりが感じられてとても良いですよね。
手に取ったことのある方は、コピー本の綴じ方に様々な種類があることはご存知のはずです。
はじめにコピー本の綴じ方を3種類ご紹介します。

*袋綴じ本

難易度が低く、標準的なコピー本の形です。
原稿を片面に印刷し、印刷面が表になるように二つ折りして袋になった方の反対側をホッチキスで綴じます。
連続するページを同じ紙に印刷するため、印刷の間違いが起こりにくく、作成しやすいです。
右綴じ本か左綴じ本かで印刷の順番を変える必要があるので、注意しましょう。

*中綴じ本

袋綴じ本の次に難易度が低く、出版社の雑誌にもよく使われる形です。
原稿を両面コピーして重ねて半分に折り、中心をホッチキスで綴じます。
印刷するときに連続するページが隣り合わないため、手動で作成するときは複雑ですが、プリンタドライバの設定にある「小冊子印刷」を選択すれば簡単に印刷ができます。

*平綴じ本

難易度が高いですが、見栄えが良くて出版社で発行したオフ本のように見える形です。
原稿を両面印刷して、袋側をダブルクリップで挟んで固定した状態で、接着剤で背を接着させます。
重しを使って圧着させる必要があり、手間もかかりますが、見栄えにこだわって他の人との差別化を図りたい方にはおすすめですね。
様々な種類があるので、選ぶ時には作るときの手間や見栄えなど、自分が優先させたい条件に近いものを選びましょう。

■コピー本を作ることのメリットとは

コピー本の綴じ方の種類を紹介したところで、実際に作る前にメリットを知りたいという方は多いのではないでしょうか。
コピー本を作るメリットは、業者を通さなくて済むのでコストを抑えられることや、締め切り日をイベント開催日の直前に設定できることが挙げられます。
それだけでなく、必要な時に欲しい部数だけを作れるという大きなメリットがあります。
業者に発注するときは、50部や100部などの多くの部数からしか注文できないことがほとんどで、売れ残りが不安ですよね。
また、入稿してから自分の手元に届くまで時間がかかるため、イベントが近い場合は諦めてしまう方が多いです。
しかし、コピー本は好きな部数を必要なときにすぐに作成できるので、気軽に発行したい方にもオススメです。

■まとめ

コピー本の作り方とメリットについてご紹介しました。
メリットが多く、小部数からはじめてみたいと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

↑