同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

売上が赤字でも確定申告は必要なの?同人グッズを販売する方へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

同人グッズの販売をお考えの方にとってネックなのが確定申告は必要かどうかです。
特に、売り上げが赤字の方はどうすれば良いか迷いますよね。
そこで今回は、同人グッズを販売する際の確定申告について解説します。

■同人活動の確定申告はいくらから必要か

同人活動をする上で、どのくらいの利益が出れば確定申告が必要なのでしょうか。

結論から申し上げると、所得が20万円を超えたら雑所得として確定申告をする必要があります。
同人活動の所得は、1年分の売り上げから必要経費を引いた分です。
必要経費は細かく記録しておきましょう。

一方、会社勤めをされている方が本業の会社で年末調整を行ってもらえない場合は、自分で確定申告を行いますよね。
このとき、同人活動の利益が20万円以下でも確定申告が必要になるため、注意しましょう。
また、年間の収入が2000万円を超える方や、その他税金控除を受けたい方も同人活動の所得に関わらず確定申告が必要です。

以上、所得が20万円以下であれば、確定申告はほとんど必要ないということがご理解いただけたでしょうか。
しかし、必要経費の勘違いで予想以上に所得があった場合は脱税になります。
そのため、赤字でも確定申告をすることがオススメです。

■同人活動で注意すべきポイントとは

確定申告をしない場合でも、必要経費の領収書や書類は必ず残しましょう。
万が一脱税を疑われた場合、赤字だとしてもそれを証明するための書類がなければ多額の税金を払う必要があります。
せっかく趣味で楽しく同人活動を行っても、税金が必要以上に引かれてしまうと気分が良くないですよね。
同人誌販売を例にすると、文具代、書籍の発行代、会場までの交通費、登録スペース参加費、スタジオ代などが必要経費としてかかってきます。

同人誌を発行するまでの経費だけでなく、販売する会場に行くまでの交通費や参加費などの全ての経費の記録が必要なことがお分かりいただけたでしょうか。
経費ではないと思い込んで書類を捨ててしまうと、差し引かれたはずの金額が自己負担額になるので、不安であれば残しましょう。

また、必要経費だけでなく、売り上げの記録もする必要があります。
帳簿を書くのが面倒であれば、売り上げた日付と金額、売り上げについての説明をメモするだけでも構いません。
売り上げが不明なとき、所得の計算は不可能なので忘れないようにしましょう。

■まとめ

確定申告は手間がかかって面倒だという印象が強いですよね。
しかし、脱税がないことの証明のためにも同人活動の所得の記録はとても重要です。
不安な方はぜひ参考にしてみてくださいね。

↑