同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人誌を作りたい方必見!気になる原稿のサイズについて解説します

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、同人誌の作成を検討の際に
「よく使われる原稿のサイズはあるのか。」
「背景やノンブル、塗り足しとは何か。」
と考えたことはありませんか。
しかし、同人誌作りで必要な原稿サイズや細かな用語について知らない方も多いですよね。
そこで今回は、同人誌作成における原稿サイズや細かな用語について解説します。

■よく使われる原稿サイズ

同人誌の作成によく使われる原稿サイズはB5判またはA5判が多いです。
B5判であれば大きなコマを使い迫力を出したい漫画、A5判であれば文章物に使用することがおすすめです。
また、B5判やA5判以外にもA1からA6、B1からB6まで幅広い原稿の大きさがあるため、自身の用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。

■背幅やノンブル、塗り足しについて

*背幅

同人誌を作る際に必ず必要なことは背幅を計算することです。
背幅とは表紙―背表紙―裏表紙の本の厚み部分です。
そのため、同人誌のページ数が増えるにつれ背幅は増えます。
また、同人誌の表紙を作成する際は背幅の計算を行ってから決めましょう。
背幅の計算は各サイトのホームページに計算ツールが載っているため、活用してみてください。
背幅の計算が面倒だと感じる方は初めから背幅が多少変化しても問題のないデザインの原稿を使うことがおすすめです。

*ノンブル

ノンブルとは同人誌のページ数の通し番号を示します。
また、ノンブルは同人誌の落丁や乱丁を避けるために必須です。
そのため、業者によってはノンブルがないものに関しては注文ができない場合が多いため注意しましょう。
その他にも、自身が同人誌を作成するうえでページの順序があっているか確認を行うためにもノンブルは設ける必要があります。
そのため、同人誌の本文中には必ずノンブルを仕上がり範囲内に入れましょう。

*塗り足し

塗り足しとは断ち切りのデザインの際に印刷サイズの外側にまでイラストを伸ばしておく処理のことです。
ページ全体にイラストを載せたい場合や原稿の縁を設けず印刷したい場合には必須です。
そのため、原稿作成の際には忘れず塗り足しも行いましょう。
また、塗り足しを行うことで文字の途切れやデザインのずれ等も防止できるため、忘れず行うことがおすすめです。

■まとめ

今回は同人誌作成における原稿サイズや細かな用語について解説しました。
この記事を参考に、同人誌の作成を検討してみてはいかがでしょうか。
当社では同人誌作りに関するご相談を随時受け付けているため、お気軽にお問合せ下さい。
皆様のご相談、心よりお待ちしております。

↑