同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人に関する悩みがある方必見|同人のイベントでの自力搬入について

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人のイベントでの自力搬入について知りたい。」
「搬入する際の注意点を知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
原稿を早めに仕上げれば会場での納品もできますが、自力で搬入した方が部数の数え間違えや紛失のトラブルは起きないでしょう。
特に、1人でイベントを開催される方にとっては搬入が一番大変な作業かもしれません。
当日は整列や販売で体力を使うので、少しでも搬入を楽にできると助かると思います。
この記事では同人のイベントでの自力搬入について説明します。

 

 

■同人のイベントでの自力搬入について

*小分けにして運ぶ

搬入物のサイズや種類別にあらかじめ分けて、会場に着いたときにすぐに陳列できるように整理してキャリーバッグに詰め込んでください。
段ボール箱に物品を入れたまま搬入するのも良いですが、プラスチック製のケースにサイズや種類別に入れておくと、会場に着くまでに折れたり、汚れたりする心配はいりません。
特に雨天の際はプラスチック製のケースに入れておくと良いかもしれません。

*折りたためる物品を売る

たいていのポスターは丸めて、筒状にして運びますが、折りたためる素材のものを選ぶとコンパクトにまとめられます。
コンパクトにまとめられる分、1度にたくさん搬入できるでしょう。

*手持ちのバッグと組み合わせる

イベントで頻繁に使うお釣り用のお金や値札、設営に使う飾りつけはキャリーバッグとは別の手持ちバッグに入れておくことをおすすめします。
なぜなら、飾りつけや設営を先にしてから陳列するので、分けておいた方が効率が良いからです。

*荷物のパッキング

なるべく重いものは下に、軽いものは上に重ねるように意識して詰め込むと、搬入しやすくなります。
また、台車を使うのもおすすめです。
キャリーバッグは折りたためませんが、台車なら平たくすることができるので、会場でのスペースをより広くとれます。 
最近では取手部分だけでなく、タイヤも折りたためるものが発売されているので、より多くの物品を置くスペースを確保できるでしょう。

 

■まとめ

今回は同人のイベントでの自力搬入について説明しました。
自力搬入は体力が必要ですが、その分納品の代金はかからないので品数がそこまで多くない時は是非自力搬入してみてください。
会場があまりにも離れている場合や、坂が多い道を通る場合は、現地での納品をおすすめします。
同人の印刷で困っている方は是非一度当社にご相談ください。

↑