同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

同人誌を書く際の著作権について詳しく解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人誌と著作権の関係について詳しく知りたい。」
「同人誌を描く際に著作権の観点からどのようなことに気をつけたら良いのかな。」
同人誌に興味がある方で、同人誌と著作権の関係について気になっている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
同人誌を描く際には、しっかりと著作権について知っておく必要があります。
そこで今回は、同人誌を描く際の著作権について詳しく解説します。

 

 

■そもそも著作権とは

同人誌と著作権の関係について知るためには、著作権について詳しく知っておく必要があります。
著作権とは知的財産権の1つであり、小説や音楽、アニメなどをはじめとする個人の創作物を守るための法律です。
作者が亡くなってから、70年間著作権で保護されます。
著作物を使用する際には、著作権を所有している人の許可が必要であり、許可なく使用すると法律で罰せられます。

■著作権に違反している同人誌は多い

パロディ同人誌の場合、実際に著作権で守られたキャラクターと設定を利用しています。
そのため、著作権に違反していることは理解いただけると思います。
しかし、違法の同人誌が非常に拡散されているため、規制しきれていないのが現実です。

■自分が作った同人誌に著作権は発生するのか

自分が作った同人誌に著作権が与えられるのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
著作権は公共機関に申請をする必要はなく、著作物を創作した時点で発生します。
しかし、著作権で守られているからといって気は抜けません。
著作権を侵害している人を取り締まるためには、出版社や作者が訴えるまで警察は動けないという決まりがあるからです。
著作権を侵害している人を発見した場合は、野放しにせず、早めに対処することが重要です。

■同人誌と著作権の関係は複雑である

同人誌と著作権の関係はとても複雑であり、個人で判断することはとても難しいです。
わかりにくいものは個人で判断せず、専門家と相談することをおすすめします。

■違反しないよう心がける

取り締まられていない違法な同人誌もあることを解説しました。
しかし、個人で同人誌を描く際には、他人の権利に配慮することが大事です。
違法性がある同人活動は絶対に避けましょう。

 

■まとめ

今回は、同人誌を描く際の著作権について詳しく解説しました。
著作権をしっかりと守った上で、同人誌を楽しむことを心がけましょう。
同人誌と著作権の関係について気になっている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
何かご不明な点や、確認したいことなどあればお気軽にお問い合わせください。

↑