同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

DVDのパッケージ作成をお考えの方へ!印刷できるサイズと料金について紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「DVDのパッケージを作りたいけど、どうすればいいのか分からない」
「パッケージのサイズについて知りたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
初めて自分自身の作品を作る際は分からないことが多いですよね。
また、漫画は印刷するけどDVDのパッケージを印刷したことがない方は、料金や種類など分かりにくいですよね。
そこで、今回はDVDのパッケージのサイズと印刷の料金についてご紹介します。

■パッケージのサイズ

*トールケース

一般的にDVDのパッケージとして使われているサイズです。
長方形型をしており、背が高くレンタルビデオ店やゲームショップでよく見かけます。
トールケースには、アマレータイプとワーナータイプの2種類があります。
アマレータイプは、ゲームソフトのパッケージやDVDのパッケージに使われているサイズです。
縦幅183mm×横幅273mmで厚さ(背幅)が14mmとなっています。
これに対して、ワーナータイプはパソコンソフトのパッケージに使われていることが多いです。
縦幅183mm×横幅286mmで厚さ(背幅)が14mmとなっています。
トールケースには、この2種類のタイプがあるため事前にアマレーかワーナーかを選んでおくことが重要です。

*P(プラ)ケース

主にCDのパッケージとして使われています。
DVDを入れることも可能です。
パッケージのサイズがさまざまであり、厚さ(背幅)も選べます。

■パッケージの料金

*トールケース

印刷できる面が広いため、ご自身の伝えたい内容を多く取り入れられます。
デザインやオリジナリティーの工夫をお考えの方におすすめです。
印刷の料金は10部で1600円が目安となっています。

*Pケース

パッケージの種類が豊富にあるため、種類によっては料金が変わります。
また、印刷方法によっても変わります。
印刷の目安としては約1500円となっています。

 

■まとめ

今回は、DVDのパッケージのサイズと印刷の料金についてご紹介しました。
ケースには2種類あり、主にトールケースが主流となっています。
また、トールケースにも種類があるため、トールケースを選ぶ際は事前にサイズを選んでおくことが大切です。
上記の内容を参考にして、DVDのパッケージを作成してみてはいかがでしょうか。
当社は、DVDのパッケージだけではなく、同人誌の印刷や絵本の印刷など幅広く行っております。
同人誌や絵本などの印刷でお困りの方は、ぜひご連絡ください。
また、早割などさまざまな割引キャンペーンを行っております。
ただし、自己申告制となりますので、お気をつけください。

↑