同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

カタログを印刷される方必見!印刷にかかる費用について紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「カタログ印刷をしてみたいけど、費用がどのくらいかかるか分からない。」
「カタログ印刷にかかる費用の相場について知っておきたい。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
カタログは商品やサービスなどを相手に伝えるために重要な役割を果たしますが、過度なお金をかけたくはないですよね。
そこで今回はカタログを印刷するときにかかる費用について紹介します。

 

□カタログとは

 

カタログとパンフレットの違いについてあまりよく知られていないので、まずはそれについて紹介します。
カタログとは商品やサービスの内容について紹介しているもので、見た目においてはパンフレットと大きな違いはありません。
用途によって呼び方が区別されています。
パンフレットは主に案内や告知を目的とした用途であるのに対し、カタログは商品やサービスを一覧で紹介することを目的としています。

 

□印刷にかかる費用

 

ここではカタログを印刷するときの費用について紹介します。

カタログ印刷にかかる費用は主にカタログのサイズと綴じ方、紙質によって左右されます。

 

*綴じ方

 

綴じ方については主に中綴じと無線綴じの2種類があります。
中綴じはページ数が少ないカタログを作成したいときに利用されることが多いです。
それに対して、無線綴じはページ数が多いカタログを作成したいときによく使われます。
無線綴じと比べて、中綴じはページ数が少ないので、費用を安く済ませられます。

 

*サイズ

 

サイズは規格サイズが用いられ、A4、A5、B5、B6サイズが使われることが多いです。
基本的にはサイズが小さいほど、費用は安く済みます。
しかし、費用がどのくらい安くなるかについてはサイズとページ数によって異なってきますので注意しましょう。
一般的に、規格サイズ以外の印刷は費用が高くなることが多いので、カタログのデザインを考えるときに意識することをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回はカタログを印刷するときにかかる費用について紹介しました。
カタログを作成するときの費用はカタログの綴じ方やサイズ、紙質によって左右されることをお分かりいただけたでしょうか。
理想のカタログを印刷するには、それらの中から適しているものをしっかりと選択することが大切です。
また、印刷するときの費用は印刷会社によっても異なってきます。
当社ではカタログ印刷において数多くの経験がありますので、相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。
今回紹介した内容を参考にして、理想の費用でカタログを印刷してみてはいかがでしょうか。

↑