同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

冊子を印刷するときの種類と特徴について紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「冊子印刷にはどのような種類があるのか分からない。」
「冊子印刷のそれぞれの種類の特徴について知りたい。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
冊子印刷にはいくつかの種類があるのは知っていても、それぞれの種類やその特徴についてはよく分からないですよね。
そこで今回は冊子印刷の種類やその特徴について紹介します。

 

□冊子印刷の種類

 

*中綴じ(冊子)

 

中綴じというのは糊を使用せずに本文や表紙部分をホッチキスや針金状のステッチで綴じる方法です。
他の綴じ方に比べると強度が低いです。
そのため、ページ数が多い場合にはあまり使われません。
カタログやパンフレット、同人誌などに多く利用されています。

 

*無線綴じ(冊子)

 

無線綴じはよく使われている綴じ方のひとつです。
表紙と本文が分かれており、表紙と本文が接着剤で糊付けされています。
強度が高いため、ページ数の多い冊子に向いており、文庫本や雑誌などによく用いられる綴じ方です。
表紙に背文字を印刷できるのが特徴のひとつです。
背文字とは背の平らな部分に入れる冊子名や作者名、著者名などのことを指します。

 

*アイレット綴じ(冊子)

 

めがね綴じとも呼ばれます。
本の外側にループを作ることで、冊子に穴を空けることなくファイリングができたり、壁にピンで飾ったりできます。
穴あけをしたくないカタログやカレンダーでよく利用されています。

 

*糸綴じ(冊子)

 

冊子の背の部分を糸で綴じる方法です。
上強度が高く、長持ちもするので長時間使用する上製本でよく使用されています。
本をのどいっぱいに開くことができるが特徴のひとつです。

 

*あじろ綴じ(冊子)

 

無線綴じを改良したもので、本の背の部分に切れ目を作り、そこから糊を浸透させていきます。
無線綴じよりも強度が高く、長持ちします。
また、糸綴じ冊子と同様に本をノドいっぱいに開けるのが特徴のひとつです。

 

*クロス巻き(冊子)

 

背の部分にクロス(布地)を巻きつけて綴じる方法です。
クロスのカラーやデザインを変えることによって冊子の雰囲気を変えられるのが特徴です。
伝票やメモ帳などによく使用されています。

 

□まとめ

 

今回は冊子印刷の種類やその特徴について紹介しました。

それぞれの種類にいくつかの特徴があり、綴じ方によって様々な製品に使い分けられています。
冊子印刷を考えられている方はそれぞれの特徴を理解した上で適した綴じ方を選び、理想の冊子を作ることをおすすめします。
今回紹介した内容を参考して、冊子印刷について検討してみてはいかがでしょうか。

↑