同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

DVDのパッケージの印刷はいくら?サイズについても紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「DVDのパッケージを印刷したいけど、どのサイズにすればいいのか分からない。」
「パッケージを印刷するときの値段がいくらかかるのか分からない。」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?
漫画の印刷はよくするけど、DVDのパッケージの印刷をしたことない方はサイズや値段がどのくらいするのかよく分かりませんよね。
そこで今回は、DVDのパッケージのサイズや印刷にかかる値段について紹介します。

 

□さまざまなパッケージの種類

 

*トールケース

 

DVDのパッケージでよく使われているケースです。
形は正方形ではなく、長方形の縦長になっているが特徴です。
一般にトールケースには、アマレーと呼ばれるタイプと、ワーナーと呼ばれるタイプの2種類が使用されています。
アナレーと呼ばれるタイプのサイズは縦273mm、横183mm、厚さ14mmです。
トールケースの中でも特に普及しています。
ワーナーと呼ばれるタイプのサイズは縦286mm、横183mm、厚さ14mmです。
アナレーに比べて、少し横幅が広くなります。
表面の面積が広いので、オリジナリティにこだわりのある方や印刷でサイズを小さくしたくない方におすすめです。
どちらもパッケージ印刷の料金は10部で1600円くらいが目安です。

 

*Pケース

 

主に音楽アルバムCDのパッケージとして使われているケースです。
DVDのパッケージとしても使えます。
トレイの色をクリアにする事で、バックインレイの両面印刷やディスク反転が可能です。
サイズは正方形に近い形で様々な厚さのものがあります。
縦125mm、横142mmを基本サイズとし、厚さ10mmが多いです。
一般的なのは厚さが10mmのケースですが、厚さが5mmのケースも収納に場所をとらないことで人気があります。
パッケージ印刷の料金は10部で1500円くらいが目安です。
Pケースのパッケージの印刷にもたくさんの種類があるので、これよりも値段は高くなることがあります。
主にパッケージの枚数が多くなるにつれて値段が高くなります。

 

□まとめ

 

今回はDVDのパッケージを印刷するときのサイズや値段について紹介しました。
ケースはトールケースとPケースがあり、トールケースが特によく使われています。
トールケースの中にもアナレーとワーナーと呼ばれるタイプの2つがあるので、トールケースを選ばれる方は自分の好きなタイプを選べます。
あらかじめ各サイズの種類やおおよその金額を考慮することでより理想のパッケージに近くかもしれません。
当社ではお得なキャンペーンや割引を行なっています。
今回紹介したパッケージの各種類やサイズ、値段を考慮した上で、DVDパッケージの印刷をしてみてはいかがでしょうか。

↑