同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

イベントの冊子を作りたい!綴じ方の違いについて紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「冊子の綴じ方にはどんな種類があるのか分からない。」
「イベントの冊子を作りたいけど、どの綴じ方にすればいいのか分からない。」
このような悩みをお持ちではないでしょうか。
イベントの冊子を作りたくてもどんな種類があるのかよく分かりませんよね。
そこで今回は、それぞれの冊子の綴じ方の違いについて紹介します。

 

□綴じ方の種類

 

*無線綴じ

 

名前の通り、針金を使用せずに本の背面部分に接着剤を用いて固める綴じ方です。
他の綴じ方に比べて強度が高いのが特徴です。
そのため、ページ数の多い冊子に向いており、文庫本や雑誌などによく用いられます。
また、表紙に背文字を印刷できるのも特徴のひとつです。
背文字とは背の平らな部分に入れる冊子名や作者名、著者名などのことを指します。
強度が高く、デザイン性もあるので他の綴じ方よりも比較的納期が長く、費用も高いというデメリットがあります。

 

*あじろ綴じ

 

無線綴じを改良したもので、本の背の部分に切れ目を作り、糊を浸透させて綴じる方法です。
無線綴じよりも強度が高く、長持ちします。
また、糸綴じ冊子と同様に本をノドまで開けるのが特徴のひとつです。
比較的、文庫本やカタログ等の枚数が多い冊子によく使われます。

 

*平綴じ

 

紙の端から約5mm離れた所に針金を使用して留める綴じ方です。
針金が隠れるように「テープを巻くタイプ」と針金をそのまま見せる「テープを巻かないタイプ」があります。
どちらのタイプもとても丈夫な綴じ方ですが、本のノドの手前まで開けないのが特徴です。
シンプルなデザインの冊子を作りたいときにおすすめの綴じ方です。

 

*中綴じ

 

紙を二つ折りにして、その折り目部分に針金を使用して留める綴じ方です。
耐久性はあまり高くありませんが、他の綴じ方に比べて比較的安く作れます。
また、冊子を根元ギリギリまで開けるのも特徴のひとつです。
取扱説明書やパンフレット等のページ数が少ない冊子に多くに使用されます。
納期も比較的短く、手軽に冊子を作りたいときに選ぶのをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回は冊子のそれぞれの綴じ方の違いについて紹介しました。
それぞれの綴じ方には様々な特徴があり、ページ数やデザインによって使い分けられています。
また、それぞれの綴じ方の違いについて比べることで、理想の綴じ方を選べます。
今回紹介した内容を参考にして、イベントの冊子に合う理想の綴じ方を探してみてはいかがでしょうか。

↑