同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

イベントの冊子を作りたい方必見!冊子の綴じ方の違いについて解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「イベントで冊子を作りたいが、綴じ方の違いが分からない。」
「イベントの冊子の綴じ方には違いがあるのだろうか。」
このように思っている方は多いのではないでしょうか。
冊子の綴じ方には様々な違いがあるので、イベントを成功させるためにも違いについて知っておくと良いでしょう。
そこで今回は、イベントの冊子の綴じ方の違いについて解説します。

 

□冊子の綴じ方

 

*中綴じ

 

中綴じとは、最も代表的な綴じ方の一つであり、週刊誌やパンフレットなどでよく使われる綴じ方です。
見開きの状態になっている紙を重ねて、中央部分で綴じます。
その際にホッチキスを使用するのが一般的です。
中綴じのメリットは、中央部分で綴じるので、根元ギリギリまでページを開けられることです。
写真やイラストなどを多く載せたいページがあるときは、中綴じだとしっかり見られるのでおすすめです。

 

*無線綴じ

 

無線綴じとは針や糸を使わないで、背の部分をのりで綴じる方法です。
専用の強力なのりを使用しているので、耐久性があります。
そのため、分厚い冊子にも適していると言えます。
さらに強度を上げるためには、見返しなどの加工をする必要があります。
ただし、根元部分まで開けない場合もあるので、綴じ部分に文章や写真を配置しないようにしましょう。

 

*平綴じ

 

平綴じとは、背を接着剤で綴じ、冊子を開いた状態で重ねて真ん中をホッチキスで留める方法です。そのため無線綴じと中綴じを合わせたような綴じ方です。
学校の教科書や少年週刊誌などには、この綴じ方が採用されているものもあります。

 

*あじろ綴じ

 

あじろ綴じとは、本の背に切り込みを作ることで、のり付けの面積を大きくする方法です。
一般的な無線綴じよりも耐久性があることが特徴です。
針や糸を使わずに接着剤のみで綴じるので、無線綴じの一種です。
また、根元部分まで開けるので、文章や写真もたくさん配置できる点もメリットと言えるでしょう。

 

□注意点

 

ページの開き方にも注意が必要です。
イベントの冊子は縦書きにするのか、横書きにするのかによって綴じる向きが変わってくるので注意が必要です。
縦書きで作製する場合は右綴じ、横書きにする場合は左綴じにするのが一般的です。
右綴じか左綴じかで印象は変わってくるので、検討することをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回はイベントの冊子の綴じ方の違いについて解説しました。
このように綴じ方には色々な違いがあって、用途に合わせて選択できることが分かって頂けたのではないでしょうか。
また、ページの開き方も、伝えたいメッセージがより相手に届くように工夫ができるので、考えてみる価値があるでしょう。
今回の記事を参考にしてイベントの冊子を検討してみてはいかがでしょうか。

↑