同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

冊子印刷に興味がある方必見!印刷の種類と特徴について解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「冊子印刷の種類は何があるのだろう」
「冊子印刷の種類の特徴について知りたい」
このように思ったことはあるのではないでしょうか。
冊子印刷の種類は色々あるので、用途に合わせて使い分けられます。
そこで今回は、冊子印刷の種類の特徴について解説します。

 

□冊子印刷の種類

 

*中綴じ

 

用紙を束状にして、半分に折り曲げた中央部に針金で綴じる方法ですあり、「中綴じ冊子」とも言われています。
最も代表的な綴じ方の1つです。
中綴じは、週刊誌やパンフレットなどでよく見られる綴じ方です。

 

*無線綴じ

 

針や糸を使わず、背の部分を高温の合成のりで綴じる方法です。
のりで製本してあるだけなので強度は少々弱いです。
強度を上げるためには見返しなどの加工をする必要があります。
無線綴じは、少年週刊誌で見られる綴じ方です。

 

*あじろ綴じ

 

無線綴じの一種であり、針や糸を使わず接着剤のみで綴じる方法です。
一般的な無線綴じとの違いは、あじろ綴じの方が強度が高いということです。
これは背の部分に切れ目を入れ、のりを浸透させているからです。
そのため、ページ数が多く、厚くなってしまうものを綴じる際によく使われます。
ただ、ページがやや開きにくくなってしまうので、見開きで写真を多く配置したい場合は気をつけましょう。
あじろ綴じは、月刊誌、カタログで見られます。

 

*平綴じ

 

中身となるすべての用紙の背の近くを、表側から裏側にかけて針金などで綴じ合わせる方法です。
背の近くに針金や糸が通されている場合があるので、冊子を完全に開けません。
平綴じは、背に綴じしろとして余白が必要です。
これは、教科書や伝票で見られます。

 

*上製本

 

別仕立ての厚い表紙で本文をくるんで製本する方法です。
表紙が本文よりもひとまわり大きく、硬い表紙が中身をしっかり保護します。
また、製作するにあたっては工程が多く、その分製作費用はかかりますが、耐久性に優れ、長期保存に適しています。
上製本は、卒業アルバムや記念誌などでよく見られます。
また、上製本に対して、無線綴じや平綴じ、中綴じは並製本と呼ばれています。
並製本は、上製本に比べてコストを抑えられるという特徴があります。

 

□まとめ

 

今回は冊子印刷の種類の特徴について解説しました。
このように冊子印刷の種類は多く、用途によって使い分けられます。
また、日頃何気なく手に取っていた冊子がどれに該当するかよく分かって頂けたのではないでしょうか。
今回の記事を参考にして冊子印刷について検討してみてください。

↑