同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

パンフレットにおすすめの紙質の種類について解説します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「パンフレットを作ってみたいけど、どんな紙質があるのだろう?」
「紙質にこだわってパンフレットを作るべきなのかな?」
このように思っている方は多いのではないでしょうか。
実はパンフレットの紙質の種類は色々あるので、用途によって使い分けられます。
そこで今回はパンフレットにおすすめの紙質の種類について解説していきます。

 

□パンフレットの紙質の種類

*コート紙

一般的な印刷によく使われる用紙です。
カラーの発色が良く、光沢があり、インクの再現度も高いので、人気があります。
価格もリーズナブルなのでおすすめです。

 

*マットコート紙

マットコート紙はコート紙に比べて光沢が抑えられており、柔和なイメージを演出できます。
光の反射による紙面のちらつきが少ないので、文字数の多いパンフレットを印刷する際におすすめです。
また、ボールペンやサインペンが書きやすい点も魅力的です。

 

*再生コート紙

コート系の再生紙であり、原料に古紙を使用しています。
そのため、環境に優しいのが特徴です。
用紙の両面にコーティング剤をつけ、機械で均一に表面加工してあり、ツヤがある用紙です。

 

*アート紙

アート紙はコート紙よりも光沢があり、高級感を演出したいときによく使われています。

また、平滑度が高いため、印刷の彩度を高く印刷できます。
写真の品質を重視する場合には特におすすめです。

 

*上質紙

上質紙とは裏表共に加工がされていない紙のことを指します。
コート紙と比べるとインクの発色が低く、ニジミが発生しやすいので注意が必要です。
しかし、コストが低いのでお手軽に使用できる点がメリットです。

 

*シルバーダイヤ

表面がしっとりしていて、高級感があります。
また、鮮やかな色彩の再現が可能です。

 

□紙を選ぶ際の注意点

紙を選ぶ際に気をつけなければいけないことが、紙の厚さです。
紙の厚みを表す単位は、大きく分けて2つあります。

 

*連量

1連(全判用紙1000枚)あたりの用紙の重量のことです。
単位には一般的にキログラムを用います。

 

*坪量

1平方メートルあたりの用紙1枚の重量のことです。
単位にはグラム毎平方メートルを用います。

 

□まとめ

今回はパンフレットにおすすめの紙質の種類について解説しました。
ご紹介したように、紙の種類には多くの種類があるので用途によって使い分けられるでしょう。
また、紙を選ぶ際には厚さをどうするかも考えなければいけません。
そのためには単位についてしっかり知っておく必要があります。
今回の記事を参考にしてパンフレットの作製を検討してみてはいかがでしょうか。

↑