同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

オリジナルDVDパッケージを印刷しよう!サイズの違いと料金を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分で描いた絵をDVDのパッケージにしたい!」
「DVDパッケージの印刷をしたいけど、サイズの違いがわからない」
DVDパッケージの作成中の方で、一番悩まれているのは「パッケージの印刷サイズと料金」についてではないでしょうか?
そこで今回は、DVDパッケージの印刷サイズと料金についてご紹介していきます。

□DVDパッケージのサイズ

 

一般的にDVDパッケージには、「トールケース」というDVDケースが使われます。
トールケースは主に3種類あり、それぞれに応じて用途や特徴が異なります。
それでは、それぞれのサイズについてご説明します。

 

*アマレ―サイズ

横幅273mm、縦幅183mm、背幅14mmのサイズのケースになります。
レンタルビデオのケースや、ゲームソフトのケースはアマレーサイズであり、日常生活に一番馴染みのあるサイズになります。
アマレーサイズは、他のサイズのケースと比べ、横幅が狭く小さい特徴があります。

 

*ワーナーサイズ

横幅286mm、縦幅183mm、背幅14mmのサイズのケースになります。
パソコン用のソフトに多く使われ、アマレーサイズと比べ、横幅が一回り大きいです。
横幅と背幅が広く、デザインしやすいサイズになっているため、個性的でオリジナルなケースを作りたい場合は、ワーナーサイズをおすすめします。

*スリムサイズ

横幅268mm、縦幅183mm、背幅7mmのサイズのケースになります。
他のサイズと比べ、背幅が狭く、収納性は優れているというメリットがありますが、印刷しづらいのがデメリットになります。

 

□料金について

 

印刷料金はサイズによる影響はなく、大差はありません。
しかし、印刷の加工法やカラー選択、片面両面、部数、納期タイプによって料金が異なります。
片面モノクロ×加工法選択なしの場合は安く、両面カラー×片面PP(つや)あり加工の場合は高くなり、印刷サイズ以外の選択肢によって料金が大きく変わります。
多くの方法を選択すると、高価な値段にはなりますが、加工方法の幅が広がり、オリジナルのパッケージを制作できます。

□まとめ

 

今回は、DVDパッケージのサイズの種類と料金についてご紹介しました。
自分で作った絵や作品を、DVDパッケージに印刷して、自分だけのオリジナリティあるものを作ってみませんか?
当社では、DVDパッケージ印刷の他にも同人誌・部誌・サークル誌・自費出版の印刷を承っています。
また専門スタッフによって、印刷がはじめての方でも徹底的にサポートいたします。
ご興味がありましたら、お気軽にお問合せ合わせください。

↑