同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

カタログ印刷の費用を抑えたい!印刷方法や綴じ方をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「カタログ作成のために、印刷費用について知りたい!」
「印刷費用をできるだけ抑えたいな」
カタログ印刷を考えている方が、一番気になるのは印刷費用についてではないでしょうか?
カタログ印刷は、冊子の綴じ方、印刷方法、印刷ページなどよって価格が左右されます。
そこで今回は、印刷費用を抑えるために、カタログの綴じ方や印刷方法についてご紹介します。

□カタログの綴じ方

 

*無線綴じ冊子

文庫本や雑誌などに頻繁に使用される綴じ方です。
冊子を綴じるために、表紙と本文をそれぞれ分け、ホットメルトという、製本用の接着剤を使用し、表紙と各本文を糊付けするのが特徴的です。
そのため、無線綴じ冊子には、背表紙をつくることができるため、背表紙に文字を入れることが可能になります。
また、耐久性が高く、ページ数が多い冊子を印刷できます。

 

*中綴じ冊子

中綴じ冊子は、ホッチキス、針金や糸で綴じる方法です。
中綴じ冊子は背表紙がなく、また耐久性が低いというデメリットがありますが、ページ数の少ない冊子印刷に適した綴じ方です。

 

*折加工

折加工は、印刷物の目的や用途にあわせ、二つ折りや三つ折りなど、様々な形に折る方法です。
折加工をうまく利用することで、見やすく使いやすいオリジナルのカタログを制作できます。
しかし、中綴じ冊子と比べ、手間がかかるため印刷費用は高くなります。

□印刷方法

*オフセット印刷

版に印刷の原本を作成した後、版を使用して印刷します。
写真や文字を高品質に印刷できるという特徴あります。
しかし、少部数の印刷の場合、仕上がりの時間がかかり、単価が高くなります。

*オンデマンド印刷

データをプリンターに送りカラーダイレクトに印刷する方法です。
オフセット印刷と比べ、特に点描を重ねるデザインのように詳細部の仕上がりが悪いというデメリットがありますが、短納期に対応でき、小数部の印刷でもコストを抑えることができます。

□費用が抑えられる綴じ方と印刷方法とは?

 

カタログを作成するには、本文の量が多い方が多いのではないでしょうか。
その場合は、オンデマンド印刷で無線綴じを組み合わせることで費用を抑えられます。
しかし、仕上がりを重視したいという方は、オフセット印刷にすることで、画質が綺麗なクオリティが高いカタログを作成することが可能になります。

□まとめ

 

今回は、カタログ印刷費用を抑えるために、綴じ方と印刷方法についてご紹介しました。
綴じ方や印刷方法を変えることで、より価格を抑えることができます。
パンフレットを印刷する前には、どのような仕上がりにしたいか、価格と質どちらを重視したものにしたいか、などを考えることで綴じ方や印刷方法を選択できます。
当社では、専門スタッフによって、印刷がはじめての方でも徹底的にサポートします。
パンフレット作製に関して、疑問点や悩んでいることがありましたら、お気軽にお問合わせください。

↑