同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

イベントに向けて冊子を印刷しよう!綴じ方の違いや特徴をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「イベントにむけて同人誌の作成をしたい!」
同人誌の作成を考えている方で、製本する際の綴じ方に悩んでいる方はいらっしゃいませんか?
綴じ方によって、同人誌の仕上がり方は異なります。
作成している同人誌の枚数や用途に沿った綴じ方を知りたいですよね。
そこで、今回はイベントにむけて冊子印刷を考えている方に、綴じ方の種類とそれぞれの特徴や違いについてご紹介します。

□綴じ方の種類とそれぞれの特徴や違い

 

*無線綴じ冊子

同人誌では、パンフレットやカタログなど短い時間で大量に製本できる「並製本」が人気です。
無線綴じは並製本の一つであり、冊子印刷に人気な綴じ方です。
冊子を綴じるために、表紙と本文をそれぞれ分け、ホットメルトという、製本用の接着剤を使用し、表紙と各本文を糊付けします。
そのため、無線綴じ冊子には、背表紙をつくることができるため、背表紙に文字を入れることが可能になります。
また、耐久性が高く、ページ数が多い冊子を印刷できます。
しかし、ページ数が少ない場合はおすすめしません。

 

*中綴じ冊子

中綴じ冊子も並製本の一つであり、ホッチキス、針金や糸で綴じる方法です。
無線綴じと比較すると、中綴じ冊子は背表紙がなく、また耐久性が低く、ページ数が制限されます。
しかし、無線綴じと違い、180度ページを開くことができるため、2ページかけてイラストを描く必要がある場合は中綴じをおすすめします。
したがって、ページ数が少ない場合の印刷におすすめします。

 

*平綴じ

同人誌を作成する方は、よりページ数の少ない薄い本を印刷したいと考えている方は多いのではないでしょうか。
そんな方には、平綴じをおすすめします。
本の背広から5㎜ほどのところに、ホッチキスや針金で綴じる製本方法です。
ページを完全に開くことができませんが、簡易な綴じ方として同人誌作成に多用されています。

 

□まとめ

 

今回は、冊子印刷の綴じ方の種類と違いについてご紹介しました。
綴じ方のそれぞれの特徴を踏まえ、ぜひ自分が作り上げたい同人誌を印刷しましょう。
また、印刷はとても手間がかかるため、印刷会社への依頼を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
当社では、専門スタッフによって、印刷がはじめての方でも徹底的にサポートします。
また、冊子印刷の他にも、DVDパッケージ・同人誌・部誌・サークル誌・自費出版の印刷を承っています。
ご興味がありましたら、お気軽にお問合わせください。

↑