同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

冊子を印刷したい方必見!製本の種類と特徴についてご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には様々な本がありますよね。
それぞれの本によって、綴じ方や特徴があるのをご存知ですか?
用途によって綴じ方が変わってくるので、冊子を印刷してみたいと考えている方は製本に関して押さえておくべきことがあります。
そこで今回は、冊子印刷の種類と特徴について解説します。

 

□平綴じ

本の背から5mm程度の場所を、針金で綴じる方法です。
テキストや学校の遠足で使うしおりなどに用いられることが多いでしょう。
本全体が頑丈に仕上がりますが、開く範囲に限界があります。
折り目がついてしまうこともデメリットとして挙げられます。

 

□無線綴じ

最も使用される頻度が高い方法として知られています。
ホットメルトという糊を高温で溶かして、本の背で綴じます。
強度が高く、厚みのある本をつくる時に重宝されます。
小説や太めの雑誌などに使用されることが多いでしょう。

 

□中綴じ

用紙を半分に折り、真ん中の部分をホッチキスなどの針金で綴じる方法です。
特殊な糊を使わず、針金だけで作成するので強度は落ちます。
厚みのない、パンフレットやフリーペーパーなどの作成に向いています。
強度が低い分、価格を抑えることができるでしょう。

 

□上製本

本の背に糸を通して綴じる方法です。
他の製本方法よりも頑丈で、長期保存が可能です。
カバーが厚く、きれいな状態を保てるでしょう。
百科事典や卒業アルバムなどに使用されることが多いです。

 

□PUR製本

無線綴じの際に、PUR系の接着剤を利用している方法のことです。
環境に優しい糊で製本しており、耐久性も優れています。
楽譜や写真集などの製本で採用されています。
開きやすいのという特徴もあり、コピーがしやすいというメリットもあります。

 

□綴じる方向について

本を綴じる際、右開きか左開きかにも注意しましょう。
方向によって用途が異なるからです。
縦書きで文章が続いている場合は、右開きがおすすめです。
文庫本や小説などの本は右開きで作られているでしょう。
横書きの文章が続いている場合は、左開きがおすすめです。
パンフレットや雑誌などは右開きで作られているでしょう。

 

□まとめ

今回は冊子印刷の種類と特徴について解説しました。
一口に冊子を印刷すると言っても、方法は様々です。
それぞれに見合った用途があるので、どれがプランに最適なのか検討しましょう。
個人で製本するのは、骨の折れる作業になることが多いです。
冊子を作りたいと考えている方は、一度専門業者に相談してみてはいかがでしょうか。

↑