同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

イベントのパンフレット作成を考えている方へ、流れを一からご説明

このエントリーをはてなブックマークに追加

「地域で開催されるイベントのパンフレットを作りたい。」
「学園祭で演劇を行うので、パンフレットで宣伝したい。」
パンフレットを作ることで、多くの人に情報を知らせることができます。
しかし、パンフレットを作るためには踏むべき手順があります。
完成後の仕上がりを見て後悔しないためにも、きちんと理解しておきたいですね。
そこで今回は、パンフレット作成の流れについて解説します。

 

□パンフレットを企画する

レイアウトや原稿を考える前に、まず検討すべきことがあります。
それは、誰に向けて何を知らせるのかということです。
明確に読者と内容を決めることで、効率的に作業を進めることができるでしょう。

学生向けに作るのであれば、イラストやフォントを工夫して目を引くデザインにするかもしれません。
さらに、キャッチコピーについても考える必要があります。
一言で読者を引き込むために、時間をかけて検討してみてください。
社内報として作成するときは、使用する写真や原稿に力を注ぐことが多いかもしれません。
この作業をきちんと行うことで、企画以降の工程が楽になります。

 

□原稿を書く

企画を立てたら、実際に原稿を書いていきます。
その際に注意してほしいのは、情報を載せすぎないことです。
文章が多すぎると、読者が飽きてしまいます。
パンフレットを作る目的に沿って、必要な情報を選び出してください。
誤字脱字がないように、何度も校正することが望ましいでしょう。

 

□デザインを考える

デザインを考えるときは、手に取った読者が見たいと思うような雰囲気作りを心がけましょう。
どの写真を使用するか、それらと文章をどこに配置するか、全体の色味は何で統一するのか、他にも検討すべき項目は多いです。

 

□印刷する

印刷は単純な工程だと思うかもしれませんが、意外と難しいものです。
例えば、綴じ方には右開きや左開きなどの種類があります。
それぞれに適切な用途があり、特徴も異なります。
紙にもいくつかの種類があり、光沢や彩度、手触りが違います。
大量に作って失敗しないために、一部試作品を作ってみるのもよいでしょう。

 

□まとめ

今回はパンフレット作成の流れについて解説しました。
パンフレットを作ったことがない方は、工程の多さに驚いたかもしれません。
また、初めて作成するときはどうしても時間がかかってしまいます。
そんな時は、業者に発注することも視野に入れてはいかがでしょうか。
目的に応じたプランを提案してくれるでしょう。
今回の記事を参考に、理想のパンフレットを完成させてください。

↑