同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

印刷冊子をしたい方必見!種類の特徴は知っていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「冊子印刷してみたいな」
「でも種類はなにがあるのだろう」
こういった疑問をお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
同人誌イベントでもよく見かけるパンフレットやカタログをいざ作ろうと思っても、初めての場合はわからないことも多いですよね。
そこで今回は、冊子印刷をしてみたい方へ向けて、その種類や特徴をご紹介します!

□そもそも「冊子」とは?

冊子は、「表紙と本文から構成されている、綴じのある製本された状態の印刷物」を指します。
パンフレットや教科書、研究論文、マニュアルは、全て冊子です。
このため、冊子の種類は綴じ方によって決まります。

□種類

代表的な冊子の種類として、以下のものがあります。
・中綴じ
・無線綴じ
・平綴じ
・あじろ綴じ

*中綴じ

最も代表的な綴じ方の一つが、中綴じです。
中綴じは、用紙を半分に折り曲げ、中央部あたりをホッチキスやステッチで、数ヶ所留める方法です。
パンフレットなどの、厚みがあまりない冊子におすすめです。

*平綴じ

平綴じは、背の部分から大体5ミリ程度、離して針金で留める方法です。
留めた箇所が目立つため、最後に表紙を貼り付けて完成となります。
平綴じは丈夫というメリットがありますが、本を開く際に折り目がついてしまうので、注意しましょう。

*無線綴じ

無線綴じとは、中綴じと異なり、表紙と本文がそれぞれ分かれている特徴があります。
冊子を綴じるときに、接着剤(ホットメルト)を利用します。
そのため、ページ数が多い場合にも、しっかり綴じることができます。
文庫本や雑誌に多く用いられる綴じ方です。
 
*あじろ綴じ

あじろ綴じは、ページ数がかなり多く、厚くなってしまうものを綴じる際に、利用されます。
コンビニでよく見かける週刊コミックは、とても分厚いですよね。
そういった、無線綴じでは対応できない厚さの冊子に、利用されています。
基本的には、無線綴じと同じですが、背の部分に切れ目を入れ、糊を浸透させる特徴があります。

□まとめ

今回は、冊子印刷をしてみたい方へ向けて、その種類や特徴をご紹介しました。
冊子と一括りにしても、綴じ方によって、そこには様々な種類があることが、ご理解いただけたと思います。
この綴じ方の違いを知ることで、より理想的な冊子を作ってみてくださいね。
また、冊子印刷は、簡単そうに見えますが、実はとても長い時間をかけて作られます。
自分で一から冊子を作ることもできますが、膨大な量の作業があり、とても大変です。
印刷会社に依頼することを、検討してみてはいかがでしょうか。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

↑