同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:土・日・祝

スタッフブログ

いたばしボローニャ子ども絵本館さんのご紹介です!

絵本
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
きょうゆう出版スタッフです。

先日よりサービス開始いたしました「絵本セット」「オンデマンド絵本セット」は皆さまもうチェックしていただけましたでしょうか?

セットの内容以外でも、こんなオリジナル絵本が作ってみたい!といったご相談も随時受け付けております。
ぜひお気軽にご相談ください!

本日は、そんな絵本セットにちなんで弊社と同じ板橋区にあります「いたばしボローニャ子ども絵本館」さんのご紹介をさせていただきます!

 

いたばしボローニャ子ども絵本館さんは、北イタリアのボローニャから寄贈された海外絵本を所蔵されている絵本専門の図書館です。

 

現在は貸し出しは行っておらず、館内閲覧のみ。
小学校だった建物の一部を利用されているどこか懐かしい雰囲気の空間で、世界約100か国、2万6千冊、70言語の絵本を楽しむことができます。

 

靴を脱いでゆったり読める小さなお部屋。
毎週土曜日には、こちらでおはなし会を行っているそうです。

 

慣れ親しんだタイトルがずらり。
思わず全部読み比べてみたくなってしまいました。

 

カラフルな外国絵本たち。
眺めているだけでワクワクしてきます!

 

日本で人気の絵本には海外の作品を翻訳したものも多いですが、その原本が置いてあったり、逆に日本の作品の海外翻訳版が置いてあったりもします。

個人的に嬉しかったのは、小さい頃に大好きだった絵本「わたしのワンピース」(作:西巻 茅子/出版社:こぐま社)の原本と、フランス語版が並べて展示されていたことです!

残念ながらフランス語はさっぱりなわたしですが、日本語版とフランス語版を見比べながらページをめくるだけで幸せな気持ちになりました。
言葉がわからなくても、こどもも大人も楽しめるのが絵本の魅力ですね。

 

その他にも、課題絵本の翻訳コンテスト結果の展示や、寄贈されたばかりの珍しい絵本の展示、絵本に関連するワークショップなどのイベントも定期的に行っているそうです。

絵本への愛と、地域のこどもたちへ世界中の絵本に親しんでもらいたいという想いが伝わってくる、とっても素敵な図書館です。

 

いたばしボローニャ子ども絵本館さんは、都営地下鉄三田線「板橋本町」駅から徒歩5分ほどのところにあります。
きょうゆう出版の最寄り駅である三田線「本蓮沼」駅のお隣の駅となります。

作成のご相談や原稿の持込などで弊社へお越しの際には、是非こちらの絵本館さんにも訪れてみてはいかがでしょうか?

いたばしボローニャ子ども絵本館 トップページはこちら

きょうゆう出版への作成・お見積りなどのご相談はこちら

↑