同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

DVDのパッケージの印刷のサイズについてご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「DVDのパッケージをオリジナルで作成したいけど、どのサイズで印刷すべきか分からない」 
このようなお悩みをお抱えの方はおられませんか?
こちらの記事では、DVDのパッケージの印刷の違いや、その料金についてご紹介します。

 

□DVDパッケージのサイズの違い

DVDのパッケージのサイズは大きく3つに分かれています。
・アマレータイプ
・ワーナータイプ
・スリムケースタイプ
それでは、それぞれの特徴を解説します。

*アマレータイプ

映画のDVDやCDタイプのゲームソフトなどに使われていて、3つの中で一番普及率が高くDVDケースの定番のサイズです。
ワーナータイプと比べると横幅が少し狭いのが特徴です。

*ワーナータイプ

主にPC用ソフトに使用されているパッケージのサイズです。
アマレータイプよりも横幅が広いため、印刷にオリジナリティを出すことが可能となっています。

*スリムケースタイプ

アマレータイプとほとんど同じサイズになっていて、「背」の部分が半分のサイズとなっているタイプです。
そのため、アマレータイプと比べて量が増えてもたくさんのものを収納できます。

 

□印刷の種類

印刷の方法によってコスト面やクオリティに差が出るため、印刷の方法の違いについても理解しておくと、印刷する際にどの印刷方法が自分の作成するパッケージに合うか判断できるのでご紹介します。

*オンデマンド印刷

パソコンからデジタルデータをプリンターに送る印刷方法です。
少ない枚数での印刷や、種類がたくさんある印刷をする際、コストを抑えて印刷できます。
インクを乾燥させる時間が必要ないので、短納期で製作が可能です。
しかし、オフセット印刷に比べると多少印刷の乱れが出る可能性があるので細部にこだわったデザインを作る際には注意が必要です。

*オフセット印刷

版に塗られたインクをゴムブラケットに転写した後、紙に印刷するという方法です。
インクが紙にしっかり密着するためのでデザインが細部まで鮮明に印刷できます。
また、版を一度作ってしまえば破損しない限り繰り返し使用できるので、同じ種類の印刷物を大量に印刷する際に向いています。

 

□まとめ

今回は、パッケージのサイズの違いについてご紹介しました。
このように、パッケージのサイズによって値段や品質に違いが出てくるので印刷する際は事前にどのサイズにするのか、どの印刷方法にするのかをあらかじめ明確にすることが重要です。
この記事を参考に自分だけのパッケージを作成してみてください。
また、印刷に関して分からないことがあれば当社にご相談ください。

↑