同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

パンフレットに向いている紙の種類は?紙質にこだわりたい方に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

一口に「パンフレット」といっても、様々な種類があります。
ショッピングモールやレストランなどにあるパンフレット、イベントに行った時に配られるパンフレット。
そうしたパンフレットを自分で作成したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
もし作るとしたら、パンフレットに印刷するイラストもそうですが、紙質にもこだわりたいですよね。
今回は、そんな方に向けて、パンフレットに向いている紙の種類と向かない紙の種類をご紹介します。

 

□パンフレットによく使われている紙の種類

印刷に使われる紙の種類は数多く存在しますが、その中でも一般的なパンフレットによく使われる紙の種類は、

・コート紙
・マットコート紙
・アート紙

の3つです。
では、以下にそれぞれの特徴を紹介していきます。

*コート紙

パンフレットだけでなくカラー印刷では最もポピュラーな印刷用紙です。
用紙の両面に「コート剤」と呼ばれる薬品でコーティングされていることが特徴の用紙です。
カラーが鮮やかに再現されるという特徴も持っており、裏うつりもしない性質があります。
そのため、両面印刷、写真印刷にも適した用紙です。

*マットコート紙

用紙にコート剤のツヤが抑えられているコート剤を使用するため、高級感が出る仕上がりになります。
用紙の土台である「白」の部分に高級感が出ているため、この「白」を活かしたデザインの例も多いです。

*アート紙

コート紙よりもさらに光沢が強い紙です。
値段が少し高くなってしまうのが難点ですが、光沢がある分、鮮やかなカラーを再現できます。
より品質を重視する場合や、美術館などのパンフレットにも向いている用紙です。

 

□パンフレットに向かない紙の種類

パンフレットに向かない紙の種類は、

・上質紙
・色上質紙

の2つです。
以下に、それぞれの特徴を紹介します。

*上質紙

表面にコーティングがされていない用紙のことです。
カラーがコート紙に比べて鮮やかに再現されにくく、またインクが渇きにくいという欠点があります。
全く使えないというわけではありませんが、パンフレットやカタログには向いていません。

*色上質紙

上質紙に薄い色が付いているタイプの用紙です。
こちらも表面コーティングはされていません。
しかし、下地に色が付いているためその色を活かしたデザインがおすすめです。

 

□まとめ

パンフレットに向いている紙の種類と向かない紙の種類をご紹介しました。
同人誌や配布物を配るときに、パンフレットも一緒に配れば、宣伝にもなりますね。
ぜひ今回の内容を参考にしてみてくださいね。

↑