同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

イベントでパンフレットを使いたい|パンフレット作成の流れって?

このエントリーをはてなブックマークに追加

文化祭やバンドのコンサートなど、様々なイベントを開催する際にパンフレットの利用を検討するかもしれません。
パンフレットの利用を検討している方の中には、「パンフレットは簡単に作れそうだと思ったけど、どうやって作ればいいのかわからない」とお困りの方もいらっしゃるかと思います。
きちんとした流れに沿って作らないと、せっかく作ったパンフレットが思い通りにできあがらない可能性があります。
そこで今回はそした方へ向けて、パンフレットの作成の流れを丁寧にご紹介します。

□パンフレットの作成の流れ

イベントの開催に合わせてパンフレットを作成するためには、事前にパンフレットを作成する際の流れを理解しておく必要があります。
今回ご紹介する流れをぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

*ターゲットと作成の目的を設定する

まずはパンフレットを見てもらう人を設定しましょう。
理由は、具体的に見てもらう人を決めた方がパンフレットのクオリティが高くなり、方向性がきっちりと決まるからです。
例えば、見る人が高齢者の場合は文字の大きさやパッと見たときの見安さが大切ですが、若い大学生が見る場合には目を引くようなデザインや奇抜な色を使用した方が、より手にとってもらいやすくなるかもしれません。
パンフレットを見てもらった人にどのような行動を起こして欲しいのかも大切です。
これがパンフレットを作成する目的になります。

*原稿を作成する

パンフレットに記載する文章を考えます。
なぜ原稿にするかというと、文章をより吟味しやすくし、誤字脱字を発見しやすくするためです。
一度考えた文章を何度も見返したり校正することで、より読み応えのある内容になります。
キーワードやキャッチコピーもこの時に検討するとより良いのではないでしょうか。

*デザインを決める

設定したターゲットやイベントの雰囲気を考慮して、パンフレットのデザインを検討しましょう。
例えば会社でイベントを開催する際にパンフレットを作成するなら、会社のイメージも考慮することをおすすめします。
原稿のどの文章をどこに入れるかもここで決めておくといいかもしれません。
また、パンフレットに必要な資料や写真をリストアップして準備しておきましょう。

*綴じ方と使う紙を決める

実は綴じ方と利用するか紙によってパンフレットの印象が左右されます。
特に紙は慎重に選ぶようにしてください。
予算を抑えようと適当に安い紙を選ぶと、もしかすると「もう少し表紙に光沢感が欲しかったのに…」と後悔するかもしれません。
利用できる紙の特徴を把握してから選ぶことが大切です。

*試作品を作る

最後に試作品を作ります。
試作品を作らずに業者に依頼してしまうと、もしかすると不備や手直ししたい点が出てくるかもしれません。
大量に印刷した後にそうした点が見つかると、時すでに遅しです。
よりクオリティの高い、納得することができるパンフレットを作成するには、一度完成形を確認することをおすすめします。

以上の過程を踏むとパンフレットを作成することができます。
大体の流れなので、実際にパンフレットを作成する際には何時間も時間をかける必要があります。
一つ一つ漏れや誤りがないように、慎重に作成するとより良いのではないでしょうか。

今回はパンフレットの作成の流れを丁寧にご紹介しました。
ご紹介した内容が、少しでも理想のパンフレット作りの助けになれば幸いです。
私たちきょうゆう出版は校正サービスを行なっております。
「お試しで印刷してみたい」とお考えの方へぴったりのサービスなので、ぜひご利用ください。
パンフレットの作成でお困りの方はぜひお気軽にお問い合わせください。

↑