同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

パンフレットは紙質で大きく変わる?|種類をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加

イベントでパンフレットを作成しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
例えば文化祭でパンフレットを作成する場合、表紙や中のデザインにのみこだわってしまいがちです。
実は、使用する紙質によってパンフレットの雰囲気が大きく変わることをご存知でしょうか。
パンフレットのデザインだけでなく紙質のもこだわることで、よりクオリティの高いパンフレットを作成することができます。
そこで今回はパンフレットの作成をお考えの方へ向けて、紙質の種類についてまとめてご紹介します。

□紙質の種類

印刷物には大きく3つの種類の用紙があります。
それぞれの特徴を把握してパンフレットに利用する紙を選択しないと、仕上がりを見たときに「思っていた感じとなんだか違う…」と後悔することになるかもしれません。
紙種類とそれぞれの紙質を把握することが大切です。

*コート紙

コート紙とは一般的な折込チラシによく見られる紙質を持つものです。
紙の表面にコート剤をつけているのでツルツルした光沢があります。
色の再現性が高く、質の高い印刷物を作ることができます。
ただし、パンフレットに何かを書き込む場所を作りたいと思っている場合には不向きです。
ツルツルしているのでうまく書き込むことができないからです。

*マットコート紙

マットコートしとは、コート紙よりも光沢を抑えた紙質のものです。
しっとりとした手触り感で、仕上がりにボリューム感があるのが特徴です。
ツルツルしていない分、より落ち着いた雰囲気のあるパンフレットになります。

*上質紙

普段コンビニやスーパーでコピー機を利用した際に出てくる紙を想像してください。
それが上質紙です。
裏表共に特に目立った加工はされておらず、コート紙とは対照的に文字を簡単に書き込むことができます。
インクがにじむ可能性があるので、大量のインクを使用する際には注意が必要です。

□パンフレットを作る際の注意点

実はパンフレットを作る際に不向きな紙があります。
パンフレットを作る際には、ぜひこれからお伝えする点に注意してみてください。

*上質紙は実はパンフレットには不向き?

パンフレットを作成する際には、おそらく書籍を作成するときのように文字を羅列するだけではないと思います。
パンフレットを作成する際は、様々なイラストや写真を使って、カラーで印刷することが多いのではないでしょうか。
上質紙はインクがにじむ可能性があるとお伝えしましたが、その点がパンフレットに不向きであると考えられます。
「インクがにじんでしまって、思っていた通りの鮮やかさがない。パンフレットの出来がいまいちになってしまった…」と後悔してしまうかもしれません。
様々なカラーを利用するパンフレットは、色の再現度が高くインクがにじみにくいマットコート紙やコート紙を利用することをおすすめします。

今回はパンフレットの紙質の種類についてご紹介しました。
少しでもパンフレットを作成する際の参考になれば幸いです。
私たちきょうゆう出版は インターネットでのWEB入稿が可能です。
また、印刷物には様々な加工をすることができるので、ぜひお試しください。
思い出になるようなパンフレットの作成を、私たちが心を込めてお手伝いします。

↑