同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

同人誌の印刷を行う際に気をつけるべきことについて解説します

このエントリーをはてなブックマークに追加

「同人誌の大量印刷を行いたいけどどうすればいいのかわからない。」

こんな悩みを抱えていらっしゃる方はいませんか?

印刷を行うにしても、枚数が多く自宅の機器ではできなくて困っている方は、印刷会社を使って印刷することをオススメします。
印刷会社に印刷を依頼すると、自宅などではできない大量印刷や大きな紙に印刷することができるためです。
今日はそんな印刷会社を利用するときに検討しておくべきことを紹介します。

 

□印刷サイズ

一言に同人誌の印刷といっても、紙の大きさには様々な種類があります。

紙の大きさは一般的にイメージしやすいA4、A3などのA判、B5,B4などのB判に加えて、新書、文庫、ハガキの大きさ、名刺の大きさまであります。

これらの中から同人誌のデータに沿ってサイズを選んでいきます。
どの紙で印刷するかは自由なので、作品のイメージに合わせてサイズを選ぶことができます。

 

□印刷するときの入稿データ

印刷を依頼するときのデータ作成には、いくつか注意するべきことがあります。

まずは、印刷したい大きさよりも原稿を大きく描く必要があるという点です。
こうしなければ、印刷したときに周りに余白ができてしまうことがあるからです。

次に、文字やキャラクターなどの、切れてはいけないものがあるところよりも少し大きめに背景(印刷から切れてしまっても良いところ)を描きます。
これにより印刷時に文字やキャラクターが切れてしまうことを防ぐことができます。

これらを描くときに、どこが切れてはいけないところで、どこが切れても良いところかを示す線、また印刷の紙の大きさの線を示す必要があります。
トンボ、タチキリ線、塗り足し範囲、仕上がり範囲などを表示しておきます。

 

□印刷の対応ができるソフト

印刷を依頼する時に入稿データに使うソフトは、印刷会社が対応しているソフトを使います。
大抵は、印刷会社のホームページに記載してあります。

きょうゆう出版は、Adobeのイラストレーター、フォトショップ、アクロバット、マイクロソフトのワードに対応しています。
OSや入稿するときに使うメディアも決まっているのでお気を付けください。

 

□まとめ

簡単に綺麗な大量印刷をしてくれるのが印刷会社です。
その印刷の依頼を行うときには、決めなければならないこと、注意するべきところが数多く存在しています。

同人誌を描くことに集中しがちですが、印刷することも考えて原稿を作成するようにしましょう。
また、イベントなどに出展予定の場合は、印刷には時間がかかってしまうので余裕のあるスケジュールを組んで作業を進めてください。

イベントに出場予定の方向けの会場直送サービスもあるので、ぜひ弊社きょうゆう出版で印刷を依頼してみてはいかかでしょうか。

↑