同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

オリジナル同人誌を作る時の加工方法について説明します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オリジナルの同人誌を作ってみたいけれど、どんな風に同人誌が印刷できるか分からない、と感じている方は多いと思います。
印刷会社に注文する段階で、どのようなオプションをつけ、印刷加工できるのかは初めての方にとってはイメージしづらいでしょう。
そこで、この記事では、数ある同人誌の加工方法の一部を紹介していきます。

 

1.PP加工

PP加工とは、ポリプロピレン加工のことです。
印刷用紙の表面をラミネート加工するのです。
光沢を付けたり、摩擦などによって印刷面に傷がつくことを防止します。
ツヤのつくクリアPPや、ツヤ消しが施されているマットPPなどの種類があります。
また、PP加工によって印刷した表面の絵柄の色濃度が濃く見えるようになる点に注意しましょう。

 

2.箔押し

熱と加圧によって金・銀の箔の絵柄を転写することを、「箔を押す」といいます。
金属光沢のある箔を表紙に張り付けるオプションになっています。
メタリックな見た目で高級感を演出できる点が特徴です。
箔もシンプルなものから、柄のついたホログラム箔なども用意されていることが多いです。

 

3.角丸加工

本の小口川の角を丸くする加工です。
また、本の四つの角すべてを加工することも可能です。
この加工により、本全体に柔らかい雰囲気を演出することが可能になります。

 

4.見返し

表紙を本文との間に遊び紙を挿入するオプションです。
用紙の色やデザインを選ぶことが可能なため、オリジナリティを出すことが容易になります。
また、本が傷みにくくなるというメリットもあります。

 

5.エンボス加工

エンボス加工は、表紙の文字や絵柄を浮き出させて陰影をつける加工です。
平らな用紙に立体感が出る点がメリットです。
触った際にも、凸凹がはっきりとわかるようになっています。
また、ニスを厚塗りすることで疑似的に凸凹を演出するエンボスニス加工も存在します。

6.上製本

書店で売られている一般的な本のようにハードカバーをとりつけるオプションです。
印刷会社によっては糸がかり、角背などがついている仕様もあるようです。

 

□終わりに

同人誌を作成する際の加工方法について紹介いたしました。
オリジナルの同人誌を作成したいとお考えの方は、オプションを利用してみてはいかがでしょうか。
弊社きょうゆう出版でも、同人誌印刷に際して様々なオプションを付けることが可能となっております。
弊社で印刷をお考えの方は是非ご利用ください。
また、同人誌の印刷について、不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

↑