同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

はじめて小説を制作する人必見!小説の出版・制作方法を紹介します!

このエントリーをはてなブックマークに追加

「小説を制作してみたいけれど、手順が分からない!」
「小説を出版するって簡単なの?」
小説を書くことに挑戦している人、もしくは挑戦しようとしている人の中で、自分の小説を形にしたいと思い、このような疑問を抱く方も多いのではないでしょうか。
そこで、本記事では、小説の出版・制作方法について解説していきたいと思います。

 

□個人で小説を制作する方法

個人で小説を制作する方法としては、印刷会社の印刷パッケージを利用して制作することと、出版会社に依頼して自費出版を行う方法が挙げられます。
それぞれについて説明していきます。

1.印刷会社の小説プランを利用する
弊社のような印刷会社が行っている小説用の印刷サービスです。
顧客の要望に応えるため、表紙・製本方法をはじめとするオプションを幅広く用意している場合が多いです。
また、ページ数や発行部数についても、細かく料金設定が設けられており、非常に安価で小説本を制作することができます。
ただし、全国の流通に載せることは難しいです。
同人誌などと同様に、顧客自身の手で販売してもらうことになるため、多くの人の手に取ってもらうのは非常に難しいでしょう。

2.出版会社の自費出版を利用する
自費出版とは、本の制作者である著者自身が費用を負担し、出版社に出版を依頼するものです。
出版社が、本の編集・印刷・出版まで請け負います。
そのため、制作した本にはISBNという書籍識別のためのコードが付与されています。
これにより、全国の書店やWeb上で本を発売することができるようになり、多くの人の目に触れる可能性出てきますね。
その一方で、非常に多額の費用がかかってしまうことがデメリットとして挙げられます。
出版社に編集から出版までお願いするのですから当然ですよね。
また、本が全く売れない可能性も大きく、利益を出すのは非常に難しい場合もある点に注意が必要です。

 

□おわりに

小説の出版・制作方法について解説しました。
たくさんの人に見てもらいたいのか、それとも安価で本を出版したいのか、自分の目的に合った方法で本の出版方法を考えることが重要になります。
また、二つの方法で費用も大きく異なりますから、自分の予算ともしっかり相談しましょう。
弊社では、小説の印刷プランをご用意しております。
細かいプランや料金設定に対応しておりますので、ぜひご利用ください。
また、小説の印刷に関して何かご不明な点があればお気軽にお問い合わせください。

↑