同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

自費出版の相場とは??印刷会社がお伝えします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

長い間同人誌を書かれている方やある一定の実力をお持ちの方でしたら、「一度は自費出版で自分の作品を作ってみたい!」と考えたことがあると思います。
しかし、いざ自費出版しようと考えても多くの方が「費用はどれくらいかかるのか」と疑問を抱くと思います。

そこで今回は、「自費出版の費用の相場」についてご説明致します。

□自費出版って何なの?

そもそも自費出版とはどのようなことを指すのでしょうか?
自費出版とは基本的に出版社に編集、印刷、製本といった工程をお願いして本を制作することを指します。

編集、印刷、製本を出版社に依頼するからといって、作品の中身は自分が書きたいテーマを選んで書くことができるので契約して書くよりも自由に作品を作ることができます。

□自費出版と同人誌の違い

自費出版と同人誌には何か違いがあるのでしょうか?
色々ありますが大きく2つの違いがあります。

①本を制作する人の違い

自費出版は先ほど説明した通り、内容は自分で考えて後の「編集、印刷、製本」の工程を出版社に依頼する形式の制作方法です。
一方で同人誌は「編集、印刷、製本」の工程も自分で行います。

つまり作品の内容を考えるところから、印刷会社に印刷を依頼して、製本するまで全て自分で行いできたものが同人誌と呼ばれるのです。

②出版コードがあるかないかの違い

出版コードとは「社会に認められた証」のようなものです。
出版コードがあると全国の書店などに流通させることもできますし、国会図書館にも置くことができるようになります。

一般的に自費出版のような出版社を通して製本した時に出版コードをつけることができます。

3. 自費出版の相場とは?

自費出版の相場は「およそ印刷費の2倍~3倍程度」と認識しておいてください。
相場は「◯◯◯円」だ!とは言い切れないです。
なぜなら出版するほんの形式によって大きく異なってくるからです。

ある人は一部のみカラーで他は白黒。
ある人はオールカラー。
他の人は表紙に特別な紙を使うなど様々です。

これによって出版社側の手間が変化して人件費などの費用も変化するからです。
そのため、「印刷費の2倍~3倍」という少しあいまいな説明の仕方をしました。
印刷費が30万円でしたら出版費は60万~90万という具合です。

□終わりに

自費出版はいつもより費用がかかりますが、その分作品の出来も良いものに仕上がるので興味がある方はぜひお試しください。
何かご質問やご相談がございましたらお気軽にご連絡ください。

↑