同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

漫画の印刷方法!はじめの入稿の方法をお伝えします!

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。
「趣味で漫画を描いているがどのように印刷すればいいのか分からない」
「いつも同じ流れで漫画を印刷しているが、他にどんな方法があるのかを知りたい」
このような方は多くいらっしゃると思います。

今回は、漫画を印刷する際の第一歩である「入稿」の部分に焦点を当てて、入稿の方法についてお話を致します。

□入稿するための2つの方法

入稿方法は大きく分けて「オンライン入稿」と「オフライン入稿」の2つがあります。
近年はネットの発達とともに「オンライン入稿」が主流になってきていますが、それぞれにメリット、デメリットがあるのでご紹介いたします。

□オンライン入稿

近年主流となっているオンライン入稿。
しかし一口にオンライン入稿といっても入稿の方法は様々です。

ここでは具体的に2つの方法をご紹介いたします。

①ホームページ入稿

ホームページ入稿は、印刷会社が運営しているホームページの指定のシステムやサーバーから入稿する方法です。
この場合は多くの場合印刷会社のIDとパスワードが必要となる場合があるので、各自で会員登録を行いましょう。

②メール、転送サービス入稿

こちらは印刷会社が指定されているメールアドレスにファイルを添付して送ったり、転送サービスを用いて印刷会社に原稿のファイルを入稿する方法です。

オンライン入稿のメリットは何と言っても、その「手軽さ」です。
家から一歩も出ずに原稿の作成から入稿までを終えることができます。

さらに「入稿時間ぎりぎりまで制作ができる」というもの大きなメリットです。
他の方法ですと、郵送にかかる時間などの関係で入稿締切日より数日も前に仕上げる必要があります。
しかしオンラインはファイルをアップするだけですので、ほんの数分で入稿が完了します。

□オフライン入稿

オフライン入稿は「直接入稿」と「郵送入稿」に分かれます。
直接入稿とは、印刷所に直接持ち運び入稿することで、郵送入稿は、封筒などを用いて郵送して入稿することを指します。

両方ともメリットがあるのですが、私は特に「直接入稿」をお勧めいたします。
なぜなら直接入稿は「印刷場の人と一緒になって作り上げていく感覚が味わえる」からです。

今までメールか電話でしか話したことのない人達と一緒に意見を言い合い、よりより作品にしていくことができます。
同人誌づくりの過程がより楽しいものになりますね。

□最後に

今回は入稿方法について簡単にご説明致しました。
印刷に関して何かご相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。

↑