同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

自費出版の相場が知りたい!自費出版にはいくらぐらいかかるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分で書いた作品を出版してみたいけど、自費出版って一体いくらぐらいかかるのだろう」
「印刷を依頼してみたいけど、自費出版は高いイメージがあって踏み出せない」

皆さんそう考えたことはありませんか。

ここでは、そもそも自費出版とはどのようなものなのか、また、自費出版の相場がおおよそどのくらいなのかについてご説明します。

・自費出版の出版形式について

一口に自費出版と言っても自費出版にはいくつか形式があります。まずはその種類について説明します。

自費出版には大きく分けて、個人出版と企画出版という二つの種類があります。皆さんが自費出版と聞いて初めに思いつくのは個人出版の方でしょう。

個人出版とは、本が出来上がるまでのプロセスを自分で自由に決め、それに発生する費用を自分で負担するという方法です。もちろん、プロセスの一部分を自分自身でこなし、他の部分は業者に任せるといったような方法にすることも可能です。

自費出版のメリットは自分で好きなように本を製作できるということです。

次に企画出版について説明します。企画出版とは、企画出版を募集している企業に原稿を送り、選考を通った際に、その企業からの経済的なサポート・流通ラインの確保・販売促進の実施といった支援を受けながら本を出版することです。

こちらのメリットは、企業から様々なサポートを受けられることでしょう。しかし、企画出版の選考には簡単に通るということはなく、誰でもできるというわけではありません。

さらに企業によって自分で負担する金額も変わってくるので、費用について一概にいくらが相場であるとは言えません。そのため、相場については個人出版の相場に絞ってご紹介しようと思います。

・個人出版の相場について

個人出版の相場についてはおよそ一冊百ページの文庫本サイズの本を百部作るのに、40万円前後かかると言われています。ですが、個人出版も本の内容や文字数、依頼した印刷所のキャンペーンや割引きなどにより、大きく値段が変わることがあるため、あくまで参考程度の数字として考えてください。

個人出版も、依頼する会社によって大きく値段が異なってきます。そのため印刷会社選びは自費出版をするにあたってとても重要です。

きょうゆう出版では、専門のフォロワーのフォローが受けられる上、お客様一人一人のご要望にお応えできるよう、ご依頼前のご相談等を受け付けております。さらに、様々なキャンペーンや割引きの制度を設けています。そのため、予定していた額よりも安い値段で済むかもしれません。

自費出版をお考えの方は、ぜひ一度きょうゆう出版でお見積り下さい。

↑