同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

同人誌の製本方法の1つである無線綴じについて紹介いたします

このエントリーをはてなブックマークに追加

同人誌を印刷するにあたって選択しなければならないことの1つが、製本方法です。
一般的な本には様々製本方法がありますが、同人誌の製本には、無線綴じと中綴じの2つが多く使われています。

その中でも今回は無線綴じの方についてご説明いたします。
これから製本を行うにあたってどちらの方法でやるのか迷っている方がいらっしゃいましたら、是非参考にしてみてください。

■無線綴じ

無線綴じは、針金や糸を使用せず、本の背を糊で固めて綴じる方法です。この方法は、糊綴じとも呼ばれています。これは、小説などある程度頁数のある本によく使われている綴じ方です。

■特徴

1.耐久性が高いです
本に厚みがある場合、中綴じよりも丈夫だという特徴があります。

2.頁数に上限がありません
無線綴じは頁数の多い本に向いています。そのため、頁数に制約されることなく、原稿を作成することが可能です。一般的に頁数が多い本は、無線綴じされている傾向にあります。

3.背幅を配慮する必要がある
無線綴じは、本の中身を完成させた後に、表紙で中身を包んでつなぎ合わせる必要があります。
表紙部分の幅は、背幅と呼ばれており、無線綴じする場合は、背幅も考えた上で表紙をデザインする必要があります。
背表紙があることで、背文字をつけることができて、本を並べた時に、本が選ばれやすくなります。

4.綴じ部分のデザインの工夫が必要
無線綴じは本をちゃんと開ききることができないため、絵や図柄を見開きで置くと、綴じ部分が隠れてしまい、仕上がりが変になってしまう場合があります。
そのため、無線綴じする場合は、メインのキャラクターが綴じ部分をまたがないように工夫して、デザインする必要があります。

■メリット

1.頁数に制約がありません
2.本棚に並んでいる状態でも見つけやすいです
3.丈夫なので長期保存に向いています

■デメリット

1.見開きの真ん中に見づらい部分が生じてしまいます
2.頁数の少ない冊子には向いていません
3.通常の無線綴じは生産に時間がかかるため、納期が長く必要な場合があります

■まとめ

今回は、同人誌の製本方法の1つである無線綴じについて詳しくご説明いたしました。これから製本をしようとしている方は、自分の作った同人誌がどちらの方法に適しているのかをしっかり見極めてから製本を行うことをおすすめします。また少しでも製本についてお困りのことがありましたら、業者に直接に聞いてみるのがよいでしょう。

↑