同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

製本方法でお困りのあなたに中綴じ製本を紹介いたします

このエントリーをはてなブックマークに追加

同人誌には無線綴じと中綴じの2つの方法があります。同人誌を製本するにあたって、どちらの方法を選択すればわからない人が多いのではないでしょうか?

そんな人たちのために、今回はその中でも中綴じについて詳しくご説明いたします。これから同人誌を製本するにあたって是非参考にしてみてください。

■中綴じ

中綴じとは、二つに折った紙の折り目の部分を針金で留めて綴じる製本方法です。ページが開きやすく、読みやすい中綴じは、パンフレットや週刊誌などによく使われます。

■特徴

1. 1枚の紙に4ページ分印刷される
中綴じは、紙を開いた状態にして重ね、真ん中をステープラで二箇所留めするため、本のページ数が4の倍数で構成されなければなりません。

どうしても割り切れない場合には、無線綴じに変えるか、どうしても中綴じにしたいなら、最後のページを何も印刷せずに白紙にする方法があります。

2.見開きのレイアウトに向いている
本のノドの部分まで開ききれるため、イラストをページいっぱいにデザインできます。イラストサイズの大きい画集・イラスト集に向いています。

3.中綴じができる厚さに決まりがある
中綴じは、針金で綴じられる厚さに限界があるため、厚みのある印刷物には不向きです。目安として、16ページ以下の冊子が中綴じにおすすめです。

もし、それ以上のページ数になるのであれば、ページ数が多くても耐久性を保つことができる無線綴じのほうがよいでしょう。印刷会社の中には中綴じできるページ数が決まっているところがあるため、前もって確認してください。

■メリット

1.少ない情報量でも冊子を作製できる
2.本の根本まで開くため、デザイン・レイアウトの自由度が高い
3.シンプルな製本方法のため、比較的コストが安い

■デメリット

1.ページ数に上限があるため、ページ構成に注意しなければならない
2.ページが多い本は中綴じに向いていない
3.紙を重ねるため、ページを多くして厚くしてしまうと、ずれが生じやすくなってしまう

■まとめ

今回は同人誌の製本方法の1つである、中綴じ方法について詳しくご説明いたしました。長い小説よりは、短い漫画やイラスト集に向いていそうですね。これから製本を行う際は、作った同人誌がどちらの製本方法に向いているのかをしっかり確認してから、製本することをおすすめします。

またどちらの製本方法に向いているのか、お悩みでしたら、直接印刷会社に聞いてアドバイスをもらってみることがよいでしょう。

↑