同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

同人誌出版をお考えの方必見!製本の種類をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

同人誌を出版してみたいと考えてはいるけれど、製本・印刷に関する知識はあまりお持ちでないという方はいらっしゃるかと思います。
印刷・製本には専門用語が多く、わからないことも多いかと思います。
特に本を作るにあたってどのような本にするかを考えるにあたって、印刷時の綴じ方は非常に重要になります。
そこで今回は主に使われている無線綴じ・中綴じ、そのメリット・デメリットに関してそれぞれご紹介します。

〇無線綴じ・中綴じ

一般的に、同人誌の綴じ方として使われているのが、この2つになります。
無線綴じは線や針を使わず、背をのりで固めて綴じる方法のことです。
中綴じは紙を見開いて、針で綴じる方法になります。

〇無線綴じのメリット・デメリット

<メリット>

・ページ数の自由さ
そのメリットはページ数が自由なことにあります。
針を使わないため、枚数を考えずに、辞書のような分厚い本でも綴じることが可能です。

・カバーを付けられる
カバーは商用のカバーであったり、ブックカバーであったりするかもしれませんが、そうしたカバーを付けることにより、本自体を傷つけにくくする効果や、カバーの材質を変えることで、より自由な表紙にすることができます。

<デメリット>

・背表紙を考える必要がある
本の背に一定の厚みがあるので、背表紙をどうするか考える必要が出てきます。
また、背表紙を考慮したカバーも作成しなければいけません。
ただし、背表紙は本を陳列した際にタイトルが見える効果があります。

・綴じ部分が読めない
綴じ部分(根本)がノリで結合されているため、その部分は読めません。
そのため、それらを考慮したレイアウトにしなければなりません。

〇中綴じのメリット・デメリット

<メリット>

・見開きに向いている
紙を見開いて、針で綴じているため、見開きが得意です。
そのためノドまでしっかりと見ることができるのでレイアウトの自由度が高いです。

<デメリット>

・中綴じできる本の厚さが決まっている
見開きページを針で綴じるため、針で綴じられる厚さに限界があります。

・ページ数が4の倍数にする必要がある
性質上、紙一枚に4面が配置されるため、製本する際には4の倍数でなければ、ページが余ってしまうという問題が起きます。
そのため、ページは余らないように4の倍数でレイアウトする必要があります。

本の綴じ方には特徴があるので、ページ数の少ない同人誌であれば、目一杯紙を使用できる中綴じが、ある程度のページ数がある場合は無線綴じといった風に用途に合わせて綴じ方を変えたほうがいいかもしれませんね。
製本をする際に、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。

↑