同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

同人誌を出版するなら知っておきたい製本方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こんにちは。
みなさんは同人誌を出版する際の製本方法や綴じ方をもう決められていますか。

「製本のことはよく知らないから、いつも適当にしている」
「いつも製本については他の人に任せている」
「初めて同人誌を作るので、製本については詳しくは知らない」
という方もいらっしゃると思います。

今回の記事では、同人誌の製本方法やそのメリットやデメリットについてお話しします。
この記事を読んで製本方法について知ることで、これから出版する同人誌の作成に役立ててみてください。

◆製本の綴じ方について

〇無線綴じ
無線綴じは、1ページ1ページを重ね合わせ、同人誌の背となる部分をノリで固める製本方法です。
糸や針金を使用しないので線ができないため、無線綴じと言います。
文庫本や小説といった一般的な書籍に使われることの多い綴じ方です。

【メリット】
無線綴じは、1ページ1ページを重ね合わせ、同人誌の背となる部分をノリで固めて綴じるので、ページ数が多くなったとしても綺麗に製本ができます。

つまり、ページ数を気にせずに済むのです。

ページ数が多くなってしまう予定の方にはおすすめです。

また、その他の製本方法と比べて耐久性が高いので、しっかりと保管することができるだけでなく、背表紙がしっかりとしているので本棚に入れた時にも一目見てわかってもらえるような同人誌にすることも可能です。

【デメリット】
一方デメリットは、真ん中の部分が見えにくいということです。
中心のコマや見開きページの大きいコマ割は、この綴じ方をすると少し絵が見えにくくなってしまうので注意しておく必要があります。

〇中綴じ
中綴じは、無線綴じと異なり二つ折りにした紙の折り目の部分を針金やホッチキス止めにして綴じる方法です。

ページ数の少ない物やパンフレットに使用されることの多い綴じ方です。

【メリット】
中綴じのメリットは、針金やホッチキスを使用しているので同人誌が開きやすく、中心の部分までしっかりと見えることです。

見開きのコマ割りや見開きでイラストを多く描かれている方におすすめです。

【デメリット】
一方、デメリットは、二つ折りにした紙の折り目の部分を針金やホッチキス止めするので、4ページごとで同人誌を考えていく必要があります。

そのため、あまり考えずにやってしまうと白紙のページが出てきてしまうこともあります。

◆ここまでのまとめ

ここまで同人誌の製本方法、綴じ方についてお話ししてきました。
みなさん、一人ひとりにあった綴じ方があると思いますので、しっかりと自分の作品にあった綴じ方を選んでみてください。

ぜひ、同人誌の印刷をお考えの際にはきょうゆう出版に印刷をご依頼ください。

↑