同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」におまかせください。

0120-498-80303-5948-7150)定休日:日・祝

スタッフブログ

女性に嬉しい!同人誌の印刷・製本加工をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

同人誌や漫画を自分で描いて、出版しようとお考えの女性の皆様、印刷所を選ぶ際に重視しているポイントはどのような点ですか?

価格やアフターフォロー、納期の速さはもちろんのこと、加工や製本が綺麗で可愛く仕上がる、ということも大切なのではないでしょうか。

そこで今回は、印刷や製本におけるオススメの加工やポイントをいくつかご紹介したいと思います。

これを読めば、どのような加工があり、どれを使えば自分の本がさらに綺麗になるかがお分かりいただけると思いますので、是非一度お読みになってみてください!

<印刷系>

・香料印刷

「本に香料??」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれないですが、これも立派なオプションの一つです。どのようなものかと言いますと、香料オイルの入ったマイクロカプセルをインクに混ぜ合わせて印刷することで、表面をこすった際に、そのオイルが芳香して、良い香りを漂わせるというものになっております。

匂いには、ローズやラベンダーなどがあり、いくつかの香りからお選び頂けます。

視覚だけでなく、嗅覚にまで訴えかけてくる本というのは、何か惹きつけるものがありますよね。

<加工系>

・トムソン加工
このトムソン加工とは、本の表紙から口絵や遊び紙をのぞかせるためのものであり、「トムソン型」と呼ばれる打ち抜き加工用の型を作成して、表紙の切り抜き加工を行うものとなっています。

また、その切り抜きたい形もご自分でデザインしていただけるため、表紙に遊び心を持たせることができるのです。

・フランス表紙

みなさんは、この「フランス表紙」というものをご存知でしょうか?
これは、表紙の両端を通常よりも長く作成し、内側へ折りたたむ製本形式のことです。文庫本のカバーなどでよくみられる方法ですね。
織り込んだ部分を、表紙以外の表現部分として使えるので、様々な工夫のしようがありますね。

<その他>

・ブックケース・帯
これは、聞いただけでお分かりになると思いますが、本そのものだけでなく、ブックケースや帯をつけて、本を装飾しようという加工です。本というものは、劣化も早く傷みやすいものなので、もし「この作品は長く手元に置いておきたい。

常に良い状態で持っていたい。」というような願いをお持ちでしたら、このブックケースを考えてみても良いかもしれませんね。

 

いかがでしたか。
女性に嬉しい加工のいくつかをご紹介させていただきましたが、皆様の心に響くものはあったでしょうか。

当社きょうゆう出版では、その他にもたくさんの加工オプションをつけることが可能となっています。

是非一度ご覧になって、納得のいく自分だけの本を完成させてくださいね!

↑