同人誌印刷なら、きょうゆう出版へお任せ!
同人誌印刷、同人印刷なら「きょうゆう出版」に
おまかせください。

0120-498-80303-5579-8798)定休日:日・祝

スタッフブログ

オリジナル同人誌出版までの一連の流れを徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
同人誌を読むのが大好きで、いつかはデビューしてみたいとお考えのお方。
でも実際のところ、どうやったら出版にこぎつけられるのかわからない、また、片手間に出版することができるかどうか不安ですよね。

そこで今回は、同人誌を手に取る側から渡す側へ進もうとしている方のために、同人誌を出版するに当たっての流れや、会社のシステムを解説していきたいと思います。

◎どうやって作るの?

同人誌を作るからには、コミケに出したいですよね。となるとやっぱり媒体は紙です。

ですので、出版会社が指定する紙のサイズや色、データ等を一通り確認して原稿を作成しなければなりません。

例えば、同人誌はA5もしくはB5が主流です。また、フォントサイズや、対応アプリケーションも指定されたものに合わせるように注意してください。

ですから、一度原案が出来上がったら、出版業者のサイトなりにある説明を読んでから原稿作成されることをお勧めします。

*注意点

出版するのは紙ですが、提出はデータです。原稿をデータで作成する上での注意点をいくつかあげておきます。
表紙と本文に名前をつけますが、表紙には本人のものとわかるように、本文はページ順にソートできるように名前をつけましょう。拡張子も忘れずに。

確認してもらいやすいように、必ず出力見本も送ると良いでしょう。
データの媒体ですが、これもなんでもOKというわけではありません。

データサイズが大きいため、CD-RかDVDならどこも受け付けてくれます。

この時、必ずバックアップを取ってコピーを提出するようにしてください。
なぜなら、メディアは返却されないですし、万一破損してしまってもこちらの責任になるからです。

◎カラーにしたい

白黒の同人誌よりは絶対カラーの方が手に取ってもらいやすいはず。やはり同人誌作成においてカラーは必須です。しかし手書きではないので、思い通りの色が出せるかはわかりません。

そこで、カラーに関する注意点を見てみましょう。

一番大切なのはカラーモードです。RGBとCMYKがありますが、どちらを指定しているのか必ず確認しましょう。CMYKの方が狭い領域でしか色を表現できないので注意してください。

また、使用できる色の見本があるので確認しておくと良いでしょう。

◎出版から販売まで

会社に入稿が完了し、やっと出版にこぎつけることになりました。
ここからは販売になりますが、その間の流れも見てみましょう。

出版会社から自宅などに郵送してもらい、自分でコミケ会場に持っていくのは少し大変ですよね。
しかし、会社ではこの輸送を請け負ってくれるところもあります。
入稿時に持ち寄りたいイベントを指定すると会場まで郵送してくれるケースもありますので、ぜひ確認しましょう。

 

以上で同人誌の自作から販売までの大まかな流れになります。
原稿データを作成するところが肝ですので、同人誌作成をお考えのお方は、一度出版会社のホームページをのぞいてみてください。

↑